福田総理大臣

日伊首脳電話会談(概要)

平成19年10月25日

 10月25日午後4時30分より約20分間、福田総理は、プローディ・イタリア共和国首相と電話会談を行ったところ、概要以下のとおり。

  1. 冒頭、福田総理より、就任への祝辞に対して謝意を表明した後、本年前半はプローディ首相はじめ多くのイタリア閣僚が訪日され、両国の政治対話が大きく進展した旨発言、また、福田総理より、明年のG8議長国として、環境・気候変動問題、開発・アフリカ等を始めとする国際的課題に積極的に取り組む考えを表明しつつ、再来年の議長国であるイタリアと緊密に連携していきたい旨述べた。
  2. これに対し、プローディ首相より、日本の問題意識に完全に同意する、アフリカ支援、安全保障、気候変動問題についてもG8で協力していきたい旨を表明した。
  3. プローディ首相より、北朝鮮をめぐる状況について日本の見方につき照会があったのに対し、福田総理より六者会合や日朝間の交渉についての現状を説明。これに対し、プローディ首相より、イタリアとしても出来る限りの協力をしていきたい旨説明。
  4. 福田総理より、アフガニスタン支援におけるイタリアの貢献を評価しつつ、国内においてインド洋における補給活動継続のための新法成立のため努力中であることを説明した。プローディ首相より、アフガニスタンに関しても日本と協力できることを期待している旨述べた。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る