福田総理大臣

福田総理とクシュパン・スイス大統領の会談について

平成20年1月26日

  1. 1月26日(土曜日)午後16時10分より約15分間、ダボス会議出席のためスイスを訪問中の福田康夫総理大臣は、パスカル・クシュパン・スイス大統領と会談した。
  2. 冒頭、クシュパン大統領より、現在交渉中の日スイス経済連携協定の年内妥結の希望表明があり、福田総理より、本年春より交渉が始まる社会保障協定の交渉を通じ、両国の経済関係強化や両国国民の交流促進につながることを期待すると述べた。また、クシュパン大統領より教育分野でも両国間の交流が進んでいることも喜ばしいと述べた。
     クシュパン大統領より、気候変動問題に対する我が国の取り組みについて質問があり、福田総理より、素早い対応を取ることが求められている、世界中で協力して取り組む必要がある旨応じた。この他、クシュパン大統領より、エネルギー分野、特にITERを通じた協力を推進していきたい旨発言があった。
  3. また、安保理改革の必要性につき、認識が共有された。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る