福田総理大臣

福田総理の中国訪問(概要及び評価)

平成20年8月9日

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

    写真提供:内閣広報室

1.訪問日程概要(8月8日~9日)

 胡錦濤国家主席夫妻主催歓迎レセプションへの出席、日本代表選手団の激励(選手村)
 温家宝総理との会談、胡錦濤国家主席との会談、北京オリンピック開会式への出席

2.評価

1)今次訪問は、首脳間の信頼関係を更に強化し、中国の国民感情を改善するとの観点から有意義。また、「戦略的互恵関係」を更に進展させるとの方向性を改めて確認。

2)中国産冷凍ギョウザ問題、カシュガルでの邦人暴行事件、チベット問題など懸案事項にも触れ、極めて率直に意見交換を実施。

3)北朝鮮問題についても意見交換を実施。

3.胡錦濤国家主席との会談及び温家宝総理との会談

(1)北京オリンピック

 福田総理より、オリンピックの開幕を日本政府・国民を代表して祝福する、四川大地震という困難を乗り越えオリンピック開催に至った中国政府・国民の意気込みに敬意を表す旨発言。また、福田総理から、2016年オリンピックの東京への招致及び北京パラリンピックへの支持についても言及。

(2)日中関係等

(イ)福田総理から、本年後半もASEM、APEC、EAS等の機会を通じ、両国首脳間の対話を頻繁に行い、「戦略的互恵関係」を更に深めていきたい旨発言。併せて、環境・エネルギー問題について、2050年までに世界全体の排出量の少なくとも50%削減を達成するとの目標を国連の場で採択できるよう協力していきたい旨発言。
 胡主席からは、最近8ヶ月で4回も福田総理と会談を行った、頻繁な首脳間の対話は、両国関係の発展の表れであり、また、相互信頼関係の増進にも寄与する旨発言。さらに、「戦略的互恵関係」の発展は、両国国民の根本的利益に合致し、地域の繁栄、発展、平和にも資する旨発言。また、温総理からは、ASEM(北京)に福田総理が来られることを楽しみにしている旨発言。

(ロ)第二回日中ハイレベル経済対話について、対話を成功させ、互恵協力をさらに進めていくことを双方が確認。福田総理から、安全保障分野の交流の進展につき言及するとともに、この分野で透明性を高めながら相互理解と信頼関係を一層強化していきたい旨述べ、胡主席から賛意が示された。青少年交流の推進を双方が確認。

(ハ)また、懸案事項として、福田総理から中国産冷凍ギョウザ問題について、中国国内で生じた中毒事件と我が国における事件の関連性も含め、真相究明のために日中間での協力を一層強化したい、本問題の一刻も早い解決のために共に努力したい旨述べるとともに、情報開示の重要性についても指摘。温総理からは、一日も早く真相究明ができるよう努力し、協力していきたい旨発言。胡主席からも、この件を一貫して重視しており、7月に訪日した際にも、一日も早く真相を究明するために日中が協力することで一致しているので、これを堅持し、適切に対処したい旨発言。

(ニ)加えて、東シナ海の協力について、福田総理より、合意を踏まえ、互恵の精神に従い早期に国際約束締結交渉を進めていくことが大事である旨述べた。温総理からは、合意の実施には国民の支持と理解が必要であり、国際約束締結交渉に向けて、実務レベルで連絡し調整していきたい旨発言。

(ホ)カシュガルにおいて邦人記者を巻き込む事件が発生したことについて、福田総理から、事件自体は遺憾であることを指摘しつつ、中国側当局が謝罪を含め迅速な対応をとったことは評価する旨発言。併せて邦人の安全確保についても確認。温総理からは、この件を重視しており、日本の記者が安全に活動できるように確保していきたい旨発言。

(へ)チベット問題について、福田総理より、対話を通じた状況の改善に期待を表明。温総理より、ダライ・ラマ側とこれまで2回対話を行っており、引き続き対話を行う旨発言。

(3)四川大地震

 福田総理から、北海道洞爺湖サミットの際に一致した5つの柱からなるソフト面中心の復興支援の実施を具体化するために、日中間で緊密に協力していきたい旨発言。胡主席、温総理からは、日本の支援に対する感謝の意が表されるとともに、温総理からは、日本は地震についての経験を有しており、協力を強化していきたい旨発言。

(4)北朝鮮

 福田総理から、六者会合に関しては、早期に検証の枠組みに合意し、検証が開始できるよう中国のリーダーシップを期待する、また、日朝関係に関して、中国からの働きかけを期待する旨発言。これに対し、胡主席からは、最近は六者の努力により非公式外相会合が行われるなど一定の進展があった、第二段階の措置の全面的な履行を進め、新たな段階に至ることを希望している、日朝関係についても、対話により、日朝間の関連する問題が解決されることを支持する、日朝の関係正常化と非核化が並行して進むことを希望している旨発言。

4.胡錦濤国家主席夫妻主催レセプション出席、日本代表選手団激励

 胡主席、温総理との会談に先立ち、福田総理夫妻は、ブッシュ米国大統領夫妻、プーチンロシア首相、サルコジ仏大統領等各国からの参加者と共にレセプションに参加。
 その後、選手村において、日本代表選手団の激励を行った。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る