麻生総理大臣

日スリランカ首脳電話会談について

平成21年5月19日

 麻生総理は、5月19日(火曜日)11時30分から約15分間、総理官邸において、マヒンダ・ラージャパクサ・スリランカ大統領と電話会談を行った。本件電話会談は、スリランカからの要請により実施された。

  1. 冒頭、麻生総理より、25年以上に及ぶスリランカ政府とLTTE(タミル・イーラム解放の虎)との内戦が終結したことを歓迎する旨述べた。また、多数の国内避難民への支援と再定住に向けた取組、また、国民和解に向けた政治プロセスの進展が重要である旨指摘し、ラージャパクサ大統領が引き続き力強く取り組むことを期待する旨伝達した。
  2. これを受けラージャパクサ大統領から、国際場裡及びスリランカの開発分野での我が国からの支援に感謝する旨述べた。また、北部での地雷除去を行い、基本的なインフラを整備し、国内避難民の再定住を行う予定であり、またLTTE要員のリハビリテーションも開始している、更に政治的解決のための全政党との対話についても進めていく旨述べた。
  3. その後、麻生総理より貧困がテロの土壌を作る面もあるので基本的インフラ整備等進めてほしい、我が国としてもできる限りの支援を行っていく旨述べたところ、ラージャパクサ大統領より改めて感謝の意が示され、会談を了した。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る