麻生総理大臣

麻生総理大臣とメドヴェージェフ・ロシア大統領との電話会談

平成21年5月30日

 本30日午後7時10分より約25分間、麻生総理大臣は、メドヴェージェフ・ロシア大統領との間で日露首脳電話会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

  1. 麻生総理より、北朝鮮に関して、概要以下のとおり述べた。

    (1)安保理を含め、国際社会の働きかけにもかかわらず、北朝鮮が再び核実験を実施したことは深刻な事態。断じて容認できない。

    (2)追加制裁を含む強力な安保理決議を迅速に採択し、国際社会の意思を明確に示すことが不可欠。

    (3)五者(注:六者会合メンバーである、日、韓、中、米、露)として一致して対応することが重要である。

  2. これに対して、メドヴェージェフ大統領より、概要以下のとおり述べた。

    (1)核実験のみならず、北朝鮮がとっている一連の行為は、国際安全保障に対する深刻な事態であり、強い挑発である。

    (2)特に核実験は安保理決議1718の明確な違反であり、適切に反応しなければならない。

  3. これを受けて、双方は、今後制裁を含む強い決議を目指すことで一致し、引き続き五者を含め連携していくことで一致した。
  4. 最後に、双方の間で、7月のイタリアで予定されている日露首脳会談を楽しみにしているとのやりとりがあり、よく準備していくことで一致した。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る