麻生総理大臣

日韓首脳電話会談について

平成21年2月23日

 2月23日、午後2時10分より約15分間、麻生総理は、李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領との間で、電話会談を行ったところ、概要以下のとおりです。

  1. 麻生総理より、先月の訪韓時の歓待に改めて感謝したい旨述べるとともに、李明博大統領の訪日を楽しみにしている旨述べました。これに対し、李明博大統領より、早期に訪日したい旨述べました。
  2. 麻生総理より、麗水(ヨス)万博への我が国の公式参加表明を行うため、明24日、閣議了解を行うので予めお伝えしたい、万博の成功に向け、引き続き協力したい旨述べたのに対し、李明博大統領より、直接連絡いただき感謝する、万博の成功に向け、韓国政府として全力を尽くす考えである旨述べました。
  3. 麻生総理より、今夜、オバマ大統領との会談のため米国に向けて出発する旨説明し、両首脳は、世界経済や北朝鮮問題を始めとする国際社会の諸懸案への取組に当たっては、日韓米の緊密な連携が重要であるとの点で改めて一致しました。
  4. 両首脳は、引き続き未来志向の「成熟したパートナーシップ関係」を強化していくことで一致しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る