総理大臣

日・キルギス首脳会談

平成25年2月27日

  • (写真)日・キルギス首脳会談 (1)
  • (写真)日・キルギス首脳会談 (2)

(写真提供:内閣広報室)

 本27日午後6時15分から約30分間、安倍晋三内閣総理大臣は、訪日中のアルマズベク・アタムバエフ・キルギス共和国大統領(H.E.Mr.Almazbek ATAMBAEV, President of the Kyrgyz Republic)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。
なお、会談終了後、両首脳間で「日本国とキルギス共和国との友好とパートナーシップ及び協力の更なる深化に関する共同声明」の署名式及び共同記者発表が行われました。

  1. 二国間関係
    1. (1)安倍総理から、アタムバエフ大統領の初めての訪日を歓迎するとともに、両国は、民主主義、法の支配等の基本的価値を共有しているとした上で、同大統領による民主化と開かれた国づくりに向けた真摯な取組を高く評価しました。
    2. (2)アタムバエフ大統領から、日本に対する長年の親近感を示した上で、明治維新や戦後の復興等これまでの日本の歩みを高く評価しつつ、民主主義の推進と定着に向けて強い意欲を示すと共に、民主主義国としての日本からの支援への高い期待が表明されました。
  2. 経済関係・経済協力
    1. (1)安倍総理から、新たに、輸送インフラ整備、国境管理能力の向上、日本の中小企業の進出に資する支援を決定した旨述べました。また、円借款については、再開に向けて、適切な案件形成を加速化すべく両国で協力していきたい旨述べました。
    2. (2)アタムバエフ大統領からは、日本の経済協力に対する高い評価と謝意表明と共に、インフラ整備等の経済開発ニーズや直行便の開設や天然資源をめぐる状況に関する説明がなされました。
  3. 地域情勢
    1. (1)双方は東アジア情勢やアフガニスタン情勢等について意見交換を行いました。その中で、双方は、北朝鮮のミサイル発射及び核実験を強く非難するとともに、国連安保理決議の必要性につき一致し、安倍総理からは、拉致問題について日本の立場に理解と支持を求めました。また、安倍総理から、「中央アジア+日本」対話プロセスの成功には、同対話の議長国であるキルギスの役割が重要であり、防災や貿易・投資等の分野で地域協力を着実に進めたい旨述べました。 更に、双方は、アフガニスタンに関して協力していく必要性で一致しました。
    2. (2)また、アタムバエフ大統領は、我が国の安保理常任理事国入りへの支持を表明しました。


Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る