総理大臣

アティーヤ・カタール国行政監督庁長官による安倍総理大臣表敬

平成25年2月13日

 本13日午後1時08分から約10分間,安倍晋三内閣総理大臣は,アティーヤ・カタール国行政監督庁長官(His Excellency Mr. Abdulla Bin Hamad Al-Attiyah, President of Administrative Control and Transparency Authority)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです(日本側:兼原内閣官房副長官補,岡外務省中東アフリカ審議官他,カタール側:アル・マルキ行政監督庁事務所長,ビラール駐日大使他 同席)。

  1.  冒頭,安倍総理より,カタールからの東日本大震災に際する1億ドルに上る温かい支援と石油・天然ガスの安定供給に謝意を表明するとともに,緊急時の追加供給も含めたエネルギーの安定供給の継続を要請しました。これに対し,アティーヤ長官より,カタールは引き続き石油・天然ガスを安定的に供給する旨述べました。
  2.  安倍総理より,カタールにおける2022年のFIFAワールドカップに向けたインフラ整備において日本企業を活用してほしい旨述べたところ,アティーヤ長官より,世界最高水準の技術を有する日本企業がカタールのあらゆる分野に参入することを歓迎しており,それを促進する上で今回の日・カタールインフラセミナーは非常に有益である旨述べました。
  3.  双方は,日本とカタールとの関係の更なる強化につき共に協力していくことを確認しました。

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る