総理大臣

安倍総理大臣とシン・インド首相との電話会談

平成24年12月28日

 本28日,安倍晋三内閣総理大臣は,午後8時15分から約10分間,インドのマンモハン・シン首相との間で電話会談を行いました。

  1.  冒頭,シン首相より,安倍総理の就任を歓迎し,日インド「戦略的グローバル・パートナーシップ」の一層の発展に向け安倍総理と再び協力していくことを楽しみにしている旨述べました。
  2.  これに対し,安倍総理より,2007年にインドを訪問した際に国会演説で述べたように,日インド関係は「最も可能性を秘めた二国間関係」である旨述べました。
  3.  両首脳は,日本とインドが,互いに重要な戦略パートナーであり,外交・安全保障面での連携を強化し,経済関係を一層強化していく重要性につき一致しました。
  4.  シン首相より,日インド首脳の相互訪問は安倍総理との間で合意されたものであり,11月の訪日は取り止めになってしまったが,次は自分の番であることは認識しており,可能な限り早期に「美しい国,日本」を訪問したい旨述べました。
  5.  その他,安倍総理より北朝鮮につき発言があり,シン首相より理解が示されました。

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る