安倍総理大臣

安倍総理のインド訪問(概要)
(平成19年8月21日~23日)

平成19年8月22日

1.概要

(1)安倍総理は、8月22日夕刻、シン首相と日印首脳会談を行い、政治・安全保障、経済、人の交流、地域的・国際的課題に関し、多くの共通の取り組みに合意し、新次元における戦略的グローバル・パートナーシップのロードマップに関する共同声明を発表した。また、両首脳は、環境とエネルギーに関する別個の共同声明に署名した(下記2.参照)。

(2)安倍総理は、22日午前、インドの国会において、「二つの海の交わり」と題する政策演説を行った(下記3.参照)。日印の歴史的紐帯を振り返ると共に、東アジアと南アジアが融合する「拡大アジア」において、日印両国が協力して要の役割を果たしていくべきとの演説を行い、高い評価を得た。

(3)安倍総理に併せて200名近くの経済ミッションがインドを訪問し、両国の経済界代表者によるビジネス・リーダーズ・フォーラム(日本側代表:御手洗経団連会長、インド側代表:アンバニ・リライアンス会長)が開催され、両首脳に報告書が提出された。また、両国の錚々たる大学学長クラスによる第1回の「日印学長懇談会」が開催された。このように政府間の交流のみならず、ビジネス交流、学術交流を含め、重層的交流拡大の契機となった。

(4)安倍総理は、8月23日、日印関係の原点ともいえるコルカタを訪問し、印日文化センター開館式等の行事に出席する予定。

2.首脳会談

 日印首脳会談の主要な結果は以下の通り。

(1)政治・安全保障

(2)経済、経済協力

(3)人の交流

(4)環境・エネルギー

(5)地域的・国際的課題

3.国会演説「二つの海の交わり」

(1)演説内容

(2)反響

このページのトップへ戻る
目次へ戻る