安倍総理大臣

安倍総理大臣とサルコジ次期フランス大統領との電話会談(概要)

平成19年5月9日

 5月8日17時15分から約10分間、安倍総理とサルコジ次期フランス大統領との間で電話会談が行われたところ、概要以下のとおり。

  1. 冒頭、安倍総理より大統領選挙の勝利に祝意を述べたところ、サルコジ次期大統領は感謝の意を述べるとともに、自分(サルコジ次期大統領)は日本に親近感をもっていると述べた。
     また安倍総理より、1月の訪仏に触れつつ、選挙戦を通じて示された勇気ある改革への意志に強い感銘を受けた旨述べたところ、サルコジ次期大統領より、日仏関係をより発展させたい、また、出来れば日本を訪問したいと述べた。
  2. さらに安倍総理より、2008年は日仏修好条約による国交開設150周年という節目の年であり、日仏新時代を創る好機としたい、また、ハイリゲンダム・サミットでは個別会談を行いたい、是非早い時期に日本を訪問して頂きたいと述べた。サルコジ次期大統領は、日程が合えば是非会談を行いたい、安倍総理への友情の気持ちをお伝えしたく、日仏関係のために協力していきたい、と応じた。
     最後に安倍総理より活躍を祈念し、サルコジ次期大統領より謝意が表され、会談を終了した。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る