その他

平野官房長官とナルィシュキン・ロシア大統領府長官の会談について(結果概要)

平成22年4月13日

 本13日午後5時45分から約40分間、平野官房長官が、来日中のナルィシュキン・ロシア大統領府長官と会談を行ったところ、その結果概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、平野官房長官から、モスクワ地下鉄テロ事件等で犠牲になられた方々に対するお悔やみを伝えると同時に、いかなるテロ行為も断じて許されるものではない旨述べたのに対し、ナルィシュキン長官から、お悔やみに感謝する旨発言がありました。また、平野官房長官から、明14日、ワシントンで両首脳間で会談が実現する運びとなったと承知している、貴長官の尽力に感謝する旨述べました。
  2. その後、平野官房長官から、概要以下のとおり述べました。
    (1)両首脳の信頼関係の下で、昨年5月にプーチン首相が言及した極東・東シベリア地域における各種経済プロジェクトに関し、官民一体となって政府間でも優先的に協力していきたい。
    (2)鳩山政権としては、経済のみならず、懸案の領土問題、特に帰属の問題について進展を図ることに強い意志を有している。
    (3)メドヴェージェフ大統領が鳩山政権との間でこの問題を前進させ、新たな道筋をつけたいと述べられていることにかんがみ、ロシア側においては、日本の立場を踏まえ、領土問題の解決に向けた作業を進めていただきたく、貴長官の尽力を得たい。
  3. これに対し、ナルィシュキン長官から、概要以下のとおり述べました。
    (1)日露間の経済協力の現状及び見通しを肯定的に評価している。
    (2)両国間の政治の問題につき重要なことは、両首脳間で頻繁に対話を行うことである。鳩山政権になってから両首脳間で肯定的なやり取りが行われており、明日、ワシントンで両首脳間の会談が行われることになったのもその一例である。
    (3)ロシア側としても、領土問題が未解決であることを懸念しており、日本との交渉を続けていきたい。
  4. これを受けて、平野官房長官から、概要以下のとおり述べました。
    (1)領土交渉については、両国外務省間で出来るだけ肯定的な議論を行った上で、政治家同士で責任をもって解決することが重要。両国外務大臣間で、さらに、最終的にはメドヴェージェフ大統領と鳩山総理の間で結論を出すことが重要である。
    (2)自分(平野官房長官)は自分の立場から領土問題の解決に向けてサポートをするので、貴長官の尽力も期待する。
  5. その後、ナルィシュキン大統領府長官から、自分は2006年以来日本との領土問題に関わってきており首脳間のコンタクトの重要性を認識している、明日のワシントンでのコンタクトの機会の他にも、本年はG8やAPECの際にも両首脳の話し合いが行われることを期待している旨発言がありました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る