その他

森喜朗特派大使のミクロネシア連邦訪問(概要)

平成20年9月19日

1.日程と主要行事

(1)日程

 9月14日(日曜日)~9月18日(木曜日)(ミクロネシア滞在は15日(月曜日)~17日(水曜日))

(2)主要行事

日付 主要行事
15日(月曜日) モリ大統領との会談、フィギア連邦議会議長との会談
日本大使館主催「外交関係樹立20周年」記念レセプション
16日(火曜日) ミクロネシア連邦議会での演説
チューク州訪問
モリ大統領及びフィギア連邦議会議長共催レセプション
17日(水曜日) 日系人との朝食会
慰霊碑への献花
デブルム・マーシャル諸島共和国外務大臣との会談

2.概要

(1)ミクロネシア政府要人との会談においては、日本大使館格上げに象徴される二国間関係の更なる発展のために協力することで合意すると共に、明年開催が予定されている第5回太平洋・島サミットに対する協力を要請した。その他、気候変動や国連における協力について意見交換した。

(2)連邦議会では、連邦議会議員他ミクロネシア要人の同席の下、外交関係樹立20周年に関する演説を行った。同演説の中で森特派大使は、この地域と我が国とのこれまでの歴史的つながりに言及しつつ、今後の日・ミクロネシア関係の一層の発展のため、青少年交流、気候変動、防災協力の重要性を強調した。

(3)なお、帰国途次の乗り継ぎの際、空港にてマーシャル諸島共和国のデブルム外相他と短時間会談し、日・マーシャル関係の一層の強化につき意見交換を行った。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る