その他

福山官房副長官とマルティ・インドネシア外務大臣の会談(概要)

平成22年10月4日

 10月4日,福山官房副長官は,11時45分から約25分間,マルティ・ナタレガワ・インドネシア外務大臣とブリュッセル王宮内で会談を行ったところ,その概要以下のとおりです。

  1. 次の2点について意見の一致がありました。
    1. (1) 日・インドネシア関係は二国間においてのみならず地域全体にとっても重要であり,戦略的パートナーとしてあらゆる面で連携を深めていくこと。
    2. (2) バリ民主主義フォーラムの下での選挙訪問プログラム等の諸活動についても,一層協力していくこと。
  2. 東シナ海及び南シナ海について意見交換を行いました。
  3. 10月の生物多様性条約締約国会議(COP10)の前に開催される森林の減少及び劣化に由来する排出の削減(REDD+)に関する閣僚級会合について,一定の成果が挙がるよう連携していくことで意見の一致がありました。
  4. 福山副長官より,10月2日,中部ジャワ州プマラン市近郊において発生した列車事故により,多数の人命が失われ,また負傷者が出たことに,お見舞いを伝えました。
このページのトップへ戻る
その他 会談・訪問 |  目次へ戻る