その他

岡田副総理とカウダー独連邦議会キリスト教民主同盟・社会同盟(CDU/CSU)会派院内総務の会談(概要)

平成24年8月7日

 本7日(火曜日),岡田克也副総理は,来日中のフォルカー・カウダー独連邦議会キリスト教民主同盟・社会同盟(CDU/CSU)会派院内総務(Mr. Volker Kauder, Chairman of the CDU/CSU parliamentary group in the Bundestag)一行と昼食会形式で会談したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭
     岡田副総理とカウダー院内総務は,この2年間で5回目となる会談を互いに歓迎しました。

  2. 欧州債務危機
     岡田副総理より,本件が世界経済に与えている影響に触れたのに対し,カウダー院内総務より,欧州は今後とも結束して問題解決と競争力向上に努めていく,特に独仏間では認識を一致させるよう努めている旨述べました。

  3. 日EU経済連携協定(EPA)
     カウダー院内総務より,岡田副総理の指導の下で日本が達成したこれまでの取組を評価しつつ,メルケル首相以下,ドイツが本件について建設的に対応していく旨述べました。岡田副総理より,本件は,長期的視点に立ち,日EU間の経済関係に加え政治関係も強化していくことに資するものである旨述べました。

このページのトップへ戻る
その他 会談・訪問 |  目次へ戻る