その他

モニ・バングラデシュ外相による岡田副総理表敬

平成24年7月9日

  • (写真)モニ・バングラデシュ外相による岡田副総理表敬-1
  • (写真)モニ・バングラデシュ外相による岡田副総理表敬-2

 本9日(月曜日)午後5時20分から約40分間,岡田克也副総理は,来日中のディプー・モニ・バングラデシュ外務大臣(H.E.Dr. Dipu Moni, Foreign Minister, People’s Republic of Bangladesh)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,岡田副総理から,アフガニスタンに関する東京会合へのモニ外相の参加に謝意を表したのに対し,モニ外相から会合に関する日本のイニシアティブを高く評価している旨述べました。また,岡田副総理から先般の集中豪雨の被害へのお見舞いを述べたのに対し,モニ外相は謝意を表し,日本は必要な時にはいつも傍にいてくれる友人でありバングラデシュ国民は皆感謝している旨述べました。

  2. 岡田副総理から,日バングラデシュ間の貿易・投資は増加しているが一層増える可能性があるとして,既に進出している日本企業が直面している諸問題につき改善を要請しました。これに対し,モニ外相から,電力・ガスの供給不足の解消へのバングラデシュ政府の努力を紹介しつつ,問題に迅速に対処したい,また,日本からの更なる投資を期待している旨述べました。

  3. 世銀,アジア開発銀行(ADB),日本の協調融資案件であり,6月29日に世銀が融資をキャンセルしたパドマ多目的橋建設計画に関し,モニ外相より,不正腐敗対策に対する強いコミットメントの表明があり,日本には引き続きバングラデシュ政府を支援してほしいとの要請があったところ,岡田副総理より関係機関と協議しつつ検討していきたいと述べました。
このページのトップへ戻る
その他 会談・訪問 |  目次へ戻る