その他

カー・オーストラリア外務大臣の岡田副総理表敬

平成24年5月18日

 本18日(金曜日)午後2時20分から約30分間,岡田克也内閣副総理大臣は,来日中のボブ・カー・オーストラリア外務大臣(Senator the Hon Bob Carr, Minister of Foreign Affairs)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. 岡田副総理は,外務大臣時代に地域の安定・繁栄という戦略的利益を共有するオーストラリアとの関係強化に努力した立場から,深化する経済・安全保障関係に加え,国際社会における様々な問題への取り組み等を通じて,日本とオーストラリアが更に協力関係を深め,アジアの時代において互いに主導的な役割を果たしていきたい旨述べました。

  2. カー外務大臣からは,外務大臣時代に軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)の立ち上げにイニシアティブを発揮した岡田副総理に敬意を表しつつ,核のない世界の実現に向けて引き続き日本と協力していきたい旨発言がありました。また,日豪経済連携協定(EPA)交渉の早期妥結に向けて政治的なイニシアティブを発揮すべきとの考えが示されました。

  3. さらに,岡田副総理とカー外務大臣は,アメリカのアジア太平洋地域への関与の強化,中国の発展とそれがもたらす利益,東アジア首脳会議(EAS),G20,ASEAN+6等の地域枠組みの重要性等について幅広く意見交換を行いました。
このページのトップへ戻る
その他 会談・訪問 |  目次へ戻る