外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 過去の記録
過去の記録


橋本総理の中南米訪問

日本と中南米(エピソード集)
~遠くて近いアミーゴの国々~


1.コロンブスとジパンゴ

 日本とラテンアメリカとは意外に浅からぬ縁で結ばれている。約500年前のコロンブスによる新大陸発見も、実はジパング(またはシパンゴ、「日本」の中国音に由来するといわれる)の黄金への憧れが発端の一つになっていた。コロンブスは、スペインのイサベラ女王の援助の下、アジアへの西回り航路発見の旅に出るが、1492年、バハマ諸島に到達したとき、航行距離から、日本が同諸島の近くにあると信じて探索に躍起になり、エスパニョーラ島で住民が黄金の装身具をつけていること、また、シバオという金山があることを聞いて、これがシパンゴに訛ったものに違いないと考え、ついに日本を発見したと喜んだ。そして意気揚々帰国し、スペイン宮廷に対し「ジパングの黄金」と共に東方世界への西回り航路開拓の夢を果たしたことを報告するのである。



2.支倉常長のメキシコ訪問

 国際的保養地として名高いメキシコのアカプルコ海岸に、1973年、仙台市の協力で支倉常長の銅像が建てられた。それより360年前の1613年、伊達政宗は、当時ヌエバ・エスパーニャと呼ばれていたスペイン領のメキシコとの貿易開始の端を開く目的を秘めてローマとスペインに支倉常長を団長として使節を派遣した。スペイン人40名、日本人140名からなる一大ミッションは、3ヶ月の航海のあとアカプルコ(メキシコ)に到着し、熱烈な歓迎を受けた。当地で復活祭の荘厳な行事を目のあたりにした一行の中から洗礼を受ける者があらわれ、常長自身もその後訪れたスペインで洗礼を受けた。その後ローマから再びメキシコを経由して常長が帰国する頃には、キリシタン禁令公布など日本の情勢も一変しており、メキシコとの貿易は実現しなかった。しかし、メキシコを挟んで2つの大洋を2度ずつ航海したこの一大壮挙は日本の外交使節の草分け、太平洋横断の先駆者としてはもちろん、日本ラテンアメリカの交流史上の一大イベントとしても長く記憶されるであろう。



3.メキシコと最初の平等条約締結

 明治外交の最大の課題の1つが欧米列強諸国との不平等条約の改正交渉であったが、1888年メキシコとの間に、アジア諸国以外では初めて対等の条約(日墨修好通商航海条約)が締結され、その後の不平等条約改正交渉に弾みをつけるものとなった。



4.日本がチリから購入した軍艦

 1883年チリが太平洋戦争(対ペルー、ボリビア)に勝った後売りに出した軍艦「アルトゥーロ・プラット」を日本が購入して「筑紫」と命名。同艦は日清戦争で大活躍。また1884年には、チリの「エスメラルダ」を購入、「和泉」と命名されたこの軍艦は、日清・日露の戦争、特に後者で活躍し、殊勲艦となった。



5.日露戦争とアルゼンチンの厚意

 日露戦争当時、バルチック艦隊との決戦に備え必死に努力していた日本に対し、アルゼンチンから2隻の最新鋭巡洋艦「リバダビア」と「モレノ」が譲渡され、我が国朝野に深い感銘を与えた。これらの2隻はそれぞれ「日進」、「春日」と名付けられ、日本海海戦で偉功を立てた。このときアルゼンチンから派遣され、戦況を観戦していたドメック・ガルシア観戦武官は、後に海軍大臣となり両国の長い友好の歴史において、強い絆となった。



6.野口英世博士とラテンアメリカ

 野口英世は1918年7月、エクアドルのグアヤキル市を訪れ黄熱病研究を行い、エクアドル名誉軍医外科部長、キト・グアヤキル両大学名誉医学博士号を贈られた。同国では今日、キト市内に博士の銅像が建ち、「野口英世通り」という名まであって、永く博士との縁を懐かしんでいる。また、同博士がその後、1928年にアフリカで倒れるまで、メキシコ、ペルー、ジャマイカ、ブラジルなど、ラテンアメリカ大陸の各地に研究の旅をしたことは広く知られており、メキシコのユカタン自治大学の熱帯病研究センターは「野口英世研究所」の名を冠している。



7.日本に来たタンゴ

 19世紀末にブエノスアイレスの港に臨む下町ボカで生まれたタンゴは1910年代に流行、日本には、パリ社交界のダンスの名手といわれた目賀田綱美男爵によって1927年に紹介され、1934年テット・モンパレス・タンゴ・アンサンブルというタンゴ楽団がレコードに初めて吹き込んだが、この楽団の歌手とドラムをつとめたのはディック・ミネで、これらのレコードは、国民に非常な人気を博した。また、淡谷のりこなどが歌った和製タンゴも戦前から戦中にかけて国民を楽しませた。戦後では、早川真平とオルケスタ・ティピカ・トウキョウ、藤沢嵐子などが有名で、本場からもフランシスコ・カナロ率いるオルケスタ・ティピカ等の日本公演も実施されるなど、たびたびタンゴ・ブームがわき起こった。



8.戦前の移住

 徳川幕府は開国後間もない1866年、海外渡航の禁を解いたが、今日残っている記録では、1878年の尾須弘平(グァテマラ)、1887年の牧野金蔵(アルゼンチン)の渡航等がラテンアメリカ移住のさきがけである。組織的移住は1897年、35人がメキシコに渡った(榎本移民)のが初めてといわれる。戦前の移住はラテンアメリカと日本との交流史の中で極めて大きな比重を占めている。



9.第二次大戦直後のアルゼンティンからの救援物資の送付

 終戦後の1949年、アルゼンティンのペロン大統領夫人エバ・ペロンは、在留邦人の要望に応え、戦後の窮乏にあえぐ我が国に対し、リオ・イグアス号に食糧その他の救援物資を満載して贈与、日本国民を喜ばせた。



10.サンフランシスコ条約による復交とその後の外交関係の発展

 1951年9月のサンフランシスコ講和会議には49ヶ国が参加して対日平和条約に調印したが、そのうち、ラテンアメリカ諸国は20カ国全てが1カ国の例外もなく、同会議に参加して対日講和条約に調印し日本との国交を回復した。また議場でのラ米各国代表の演説はことごとく対日復交を歓迎し、日本の国際社会復帰を祝福するものであった。また、1952年3月、メキシコがイギリスに次ぎ2番目に対日平和条約の批准書を寄託したことは永く日本人の記憶にとどめられている。その後、ラテンアメリカ諸国は日本との外交関係を強め、1995年4月現在でラテンアメリカ21カ国が駐日大使館(実館)を開き、25カ国が領事館(名誉領事館を含む)を設けるなど、緊密な対日関係を保っている。



11.日本国連加盟に際してのラテンアメリカの支援

 1956年我が国の国連加盟に際しては、ラテンアメリカ諸国が力を添えてくれた。まず同年12月、第11回国連総会に提出された「日本の加盟のための34カ国共同決議案」にはペルーが参加し、続いてブラジルなど6カ国も加わって積極的に実現に貢献したのみならず、決議案の採択に当たりその他の13カ国も全て賛成票を投じた。又これが、その後の国連場裡での各種選挙、決議案採択などに際しラテンアメリカ諸国が1つの安定した勢力として一貫して好意的対日姿勢を維持してくれることの発端でもあり、さらには国連の各専門機関、その他の国際機関における日本とラテンアメリカとの今日の幅広い協力の発端ともなった。


目次

外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省