外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 過去の記録
過去の記録


ASEAN+3外相会議(概要)

平成13年7月24日

 24日(16:10-18:10)、ハノイにて、昨年に続き2回目のASEAN+3外相会議が開催されたところ、概要以下の通り。

1.主たるテーマ

(1)インドネシア情勢を中心とする地域情勢。
(2)ASEAN+3の枠組みにおける様々な協力のレビューと将来の方向性。

2.田中大臣の発言の主要ポイント

(1)地域・国際情勢では、特にインドネシア情勢に関し、民主的に新大統領が選ばれたことを歓迎し、同国の改革努力に対する支援を継続していく旨述べた。更に、同国の領土の一体性を支持し、同国政府が地方の問題を人権状況に最大限配慮しつつ、平和的に解決することを期待する旨述べた。朝鮮半島情勢については、最近見られる前向きな動きが継続し、安全保障上の懸念や人道・人権上の問題が払拭されることを期待する旨述べ、金大中大統領の包容政策に対する支持を表明した。その他、経済問題として、日本経済回復のための日本の取り組みを説明したほか、中国のWTO加盟を支持する旨述べた。

(2)ASEAN+3の枠組みで協力の進展を歓迎しつつ、ASEAN+3を「開かれた」地域協力の枠組みとして強化していく必要性を強調。ASEANの統合強化に資する具体的協力策として、特にITメコン河流域開発を取り上げ、まずITについて、「東アジアIT協力会議」を本年9月に岡山県にて開催する旨述べ、メコン河流域開発については、既存の組織・枠組みの合理化の必要性を指摘しつつ、7月15-21日にADB(アジア開発銀行)との共同ミッションを流域国に派遣したことを紹介した。

3.各国からの主たる発言

(1)インドネシア情勢に関し、同国代表(ウィラユダ外務省政務総局長)より説明があり、続いて多くの国より日本と同様の発言(民主的・平和的な大統領の交替を歓迎、同国の領土的一体性を支持)が見られた。

(2)ASEAN+3における協力に関し、この比較的若い枠組みを強化していく必要性を指摘する声が多く聞かれ、その中で、ASEANの数カ国より、日本の具体的イニシアティブ(東アジアIT協力会議、海賊対策アジア協力会議の開催等)に対する謝意が表明された。


目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省