外務大臣

日中外相会談(概要)

平成22年10月29日

  • (写真)日中外相会談-1
  • (写真)日中外相会談-2

 ハノイ訪問中の前原外務大臣は、29日午前8時半(現地時間)から1時間20分にわたり、楊潔チ・外交部長との間で日中外相会談を行ったところ、概要は以下のとおり。

1.日中関係全般

  • (1)日中関係について、現下の情勢、日中関係の全面的回復について意見交換を行い、互いに戦略的互恵関係をしっかり進めていくべく努力することに合意した。
  • (2)尖閣諸島については、前原大臣から、日本の確固たる立場を発言した。楊部長からは、中国側の立場についての説明があった。
  • (3)今回の外相会談の結果については、菅総理及び温家宝総理にそれぞれ報告することになった。

2.各論

(1)人的交流

 前原大臣から、日本青少年訪中団(総団長:江田五月前参議院議長)や日本青年上海万博訪問団(団長:菊田真紀子外務大臣政務官)等に言及があり、引き続き、日中双方が、民間交流及び人的交流をしっかりと進めていくことで合意した。

(2)東シナ海資源開発

前原大臣から、東シナ海資源開発に関する国際約束締結交渉を早期に再開すべきであると発言した。また、白樺油ガス田における中国側の現状の動きについて詳しい説明を求めた。これに対し、楊部長から、国際約束締結交渉については、必要な条件と環境を整えることが必要である、また、白樺油ガス田については、これまで説明してきたとおりである旨述べた。

(3)防衛交流

 前原大臣から、防衛当局間の信頼醸成は日中関係の発展において極めて重要な要素の1つであり、早期に通常通り交流を再開したい旨述べた。

(4)レアアース

 前原大臣から、レアアース輸出に関する中国側の対応について懸念を表明した。また、レアアースの問題は日本を含む世界の経済のみならず、中国の経済にも影響を与え得る問題である旨述べた。楊部長から、レアアースについては、環境保護、資源管理の面から対処しており、取引の材料にしたことはないし、今後もしない旨述べた。

(5)日中航空当局間協議

 前原大臣から、日中航空当局間協議を早期に再開し、日中関係改善のシンボルにしたい旨述べた。これに対し、楊部長は、関係部門に連絡したい旨述べた。

(6)反日抗議活動

 前原大臣から、今月中旬以降の反日抗議活動においては、一部に破壊活動を伴う反日デモが行われたことは遺憾である旨述べた上、引き続き在留邦人及び日系企業の安全確保を要請した。

3.北朝鮮

 双方は、六者会合の再開等について議論。この中で、前原大臣から、2005年の六者会合共同声明について、北朝鮮が何らかの前進を示さなければならない旨発言。

このページのトップへ戻る
前原外務大臣のハワイ,ベトナム訪問 |  前原外務大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る