高村外務大臣

高村外務大臣のインド訪問
(概要)

平成20年8月5日

 高村外務大臣は8月3日(日曜日)から5日(火曜日)にかけてインドを訪問し、ムカジー外務大臣と第2回外相間戦略対話を行ったほか、マンモハン・シン首相をはじめインドの主要閣僚と会談を行ったところ、概要は以下のとおり。

1.ムカジー外務大臣との第2回外相間戦略対話

(写真)

 8月5日(火曜日)、高村外務大臣とムカジー外務大臣との第2回外相間戦略対話が実施された。二国間関係及び地域と国際社会の様々な課題について幅広い意見交換が行われた。主な内容は以下のとおり。

(注)第1回外相間戦略対話は2007年3月に東京にて実施された。

(1)二国間関係

(2)地域的・国際的課題

2.インド政府要人との会談等

(1)高村大臣は、5日(火曜日)にマンモハン・シン首相を表敬訪問した。秋に見込まれるシン首相の訪日に向け、EPA交渉をはじめ、戦略的グローバル・パートナーシップを進めていくことを確認した。また、シン首相からは、日本の経済協力に対する謝意表明があった。

(2)また、高村大臣は、チダンバラム財務大臣(4日)、ナート商工大臣(4日)、アントニー国防大臣(5日)と会談を行った。いずれの会談でも、現在の日印関係が極めて良好であるという点で一致するとともに、更なる関係強化に向けた協力を確認した。

3.カルザイ・アフガニスタン大統領への表敬訪問

(写真)

 高村大臣は、5日(火曜日)、国賓としてインドを訪問していたカルザイ大統領を表敬訪問し、短時間の意見交換を行った。

(1)高村大臣より、日本としては、インド洋での補給活動を含めた治安対策、及び復興支援を「車の両輪」として、今後とも対アフガニスタン支援を継続していく旨述べたところ、カルザイ大統領より、日本の力強い寛大な支援に感謝する、特に、インド洋の補給活動について感謝すると共に、これからも行って頂きたいとの応答があった。

(2)高村大臣より、SAARC首脳会議(コロンボ)の機会にカルザイ大統領がギラーニ首相と会談し、武装勢力の越境問題に対処するため協力していくことについて合意したと聞いており歓迎している旨述べたところ、カルザイ大統領より、本件については楽観視していない、日本を含めた国際社会からも協力をお願いしたいとの発言があった。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る