高村外務大臣

日韓外相会談(概要)

平成19年11月20日

(写真)日韓外相会談

 11月20日、午後5時30分から約40分間、シンガポール訪問中の高村大臣は、宋旻淳(ソン・ミンスン)韓国外交通商部長官と会談を行ったところ、概要以下のとおりです。

1.日韓関係

両外相は、重要な隣国同士である日韓両国が未来志向の関係を強化することが重要であることで一致した。また、両外相は、日韓両政府間で、各種の外交当局間協議が頻繁に開催されていることを歓迎し、今後も、重層的な対話を推進していくことで一致した。

2.北朝鮮問題

(1)高村大臣より、我が国としては、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し「不幸な過去」を清算して日朝国交正常化を実現すべく努力している、核問題と並行して拉致問題を含む日朝関係を前進させたい旨説明し、韓国からの理解と協力を要請した。これに対し、宋旻淳長官より、拉致問題の日本国民にとっての重要性を理解している、韓国を含む六者会合関係国は拉致問題が円満に解決できるよう北朝鮮に対して働きかけを行っている、また北朝鮮に対しては六者会合は各分野で同時に進展する必要がある旨繰り返し指摘している旨の発言があった。

(2)更に、高村大臣より、核問題に関して、北朝鮮が行うこととなっている核計画の申告がどのようなものになるか注視している旨述べたのに対し、宋旻淳長官より、北朝鮮も六者会合の合意を履行することの重要性は十分認識していると考える旨の発言があった。

(3)両外相は、北朝鮮問題に関し、引き続き日韓間で緊密に連携していくことで一致した。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る