高村外務大臣

日米外相会談の概要

平成20年7月23日

(写真)

 ASEAN関連外相会議に出席するためにシンガポールを訪問中の高村大臣は、現地時間7月23日午後2時過ぎより約40分間、ライス国務長官と日米外相会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.日米関係

 先の日米首脳会談で、日米同盟の一層の強化で一致し、グローバルな諸課題への緊密な連携を確認したことは、日米同盟のフロンティアの拡大を表すものであり、大きな成果であるとの認識の元に、両大臣は、日米首脳会談で合意された、アフリカ開発協力及びアジア太平洋地域における防災・防疫協力につき、閣僚レベルで着実にフォローアップとしていくことで合意した。

2.北朝鮮

(1)非核化

 これまでの六者会合プロセスに関し、ライス国務長官より、同プロセスには一定の進展があったが、今後も多くの作業が必要である旨述べた。これに対し、高村大臣より、六者会合で検証の原則に合意したが、早急に実効的な検証方法に合意し検証を開始できるよう緊密に連携したい旨、核放棄実現のために核計画の検証は極めて重要である旨述べた。

 両大臣は、検証方法に早期に合意することが重要であり、日米で連携してしっかりと働きかけていくことで一致した。

(2)拉致問題

 拉致問題に関し、高村大臣より、北朝鮮は未だに6月中旬の日朝協議で約束した「再調査」を実施していない、拉致問題を含む日朝関係で進展が得られるよう米国からも働きかけていただきたい旨述べた。ライス長官より、米国としても、今後とも北朝鮮に対する働きかけを行っていきたい旨述べ、両大臣は、拉致問題を含め、日米で引き続き緊密に連携していくことを再確認した。

(3)北東アジアの平和及び安全に関する指針

 ライス国務長官より、六者会合において北東アジアの平和と安全を促進していくための指針に関する議論を進めていきたいと述べたのに対し、高村大臣より、まずは非核化のプロセスをしっかり見極めることが重要であると述べた上で、今後、北東アジアの平和と安全に関してどのような「指針」を共通認識とできるのかについて意見交換していきたい旨述べた。

3.ASEAN

(1)プレアビヒア寺院問題

 ライス国務長官より、プレアビヒア寺院問題に対する大臣の見方を照会したのに対し、高村大臣より、カンボジア及びタイにはそれぞれ言い分があり、本件のハンドリングは難しかったが、ASEAN議長が本件をよく纏めたとの印象を述べた。

(2)ミャンマー

 ライス国務長官より、停滞している民主化プロセスをしっかりと前進させるためにミャンマーに対する働きかけを行う必要がある旨述べたのに対し、高村大臣より、日本はミャンマーに対して圧力とインセンティブの双方で働きかけていきたい旨述べ、本件に関して日米が連携していくことで一致した。

4.イラン

 ライス国務長官より、7月19日のソラナEU上級代表とジャリリ・イラン国家安全保障最高評議会書記の対話へのバーンズ米国務次官の同席について説明があると共に、同対話においてイラン側に対して、2週間以内にEU3+3の提案に対する真剣な回答を出すよう要請した旨述べた。

 これに対し、高村大臣より、自分もジャリリ書記を含めイラン側に対し、国連安保理を含む国際社会の声を聞くよう強く働きかけている旨述べた。

 ライス国務長官より、安保理決議をはじめイランの核問題に対する日本の対応を評価している旨述べた。

5.G8北海道洞爺湖サミット

 ライス国務長官より、G8北海道洞爺湖サミットは大成功であった、日本のマネージメントは素晴らしかった旨述べた。

 これに対し、高村大臣より、日本はトロント大学が実施しているサミットに関する調査では高い評価を得ており、福田総理のリーダーシップは85点でA評価であった旨述べた。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る