岸田外務大臣

日・シンガポール外相会談・昼食会(概要)

平成25年1月11日

  • (写真)日・シンガポール外相会談・昼食会(概要)-1
  • (写真)日・シンガポール外相会談・昼食会(概要)-2

 シンガポールを訪問中の岸田文雄外務大臣は,1月11日(金曜日)12時30分頃(現地時間)から約45分間,K・シャンムガム・シンガポール外務大臣兼法務大臣(H.E. Mr. K.Shanmugam, Minister for Foreign Affairs and Minister for Law, the Republic of Singapore)との間で日・シンガポール外相会談を行い,続いて13時20分頃から約60分間昼食会を行ったところ,概要以下のとおりです。

1.冒頭

 岸田大臣から,就任に際しての祝辞に謝意を示した上で,両国の関係はこれまで順調に発展しており,二国間関係のみならず,地域・国際社会の諸課題についてシャンムガム大臣と連携していきたい旨伝達し,シャンムガム大臣はこれを歓迎するとともに,日・シンガポール関係は長期にわたり非常に強固である旨述べました。

2.二国間関係

  1. (1)岸田大臣から,日本は地域の平和と繁栄のため積極的な役割を果たすために,シンガポールを含む近隣諸国との間で多層的な連携を強化したく,ASEANのオピニオン・リーダーであり,地域の経済的ハブとしての機能を担うシンガポールとの関係強化を図っていきたい旨述べました。これに対し,シャンムガム大臣から,様々な分野において日本のリーダーシップに対する強い期待が表明されました。
  2. (2)両大臣は,政策対話の強化に関し,次官級政務協議を早期に開催することで一致するとともに,3月末に東京で開催することを予定する日・シンガポール・シンポジウムに向け協力していくことで一致しました。
  3. (3)両大臣は,日・シンガポール経済連携協定の下,両国の投資と貿易が増加していることを歓迎しました。また,安全保障分野や文化交流・人的交流の分野においても協力を進めていくことで一致しました。

3.地域情勢

  1. (1)両大臣は,地域・国際情勢についても意見交換を行い,ASEAN関連では,岸田大臣から,ASEANとの協力を重視しており,日・ASEAN友好協力40周年を契機とした協力を進めていきたい旨述べ,シャンムガム大臣はこれを歓迎しました。
  2. (2)岸田大臣はASEANの一体性が重要である旨述べ,両大臣は,今後とも日・ASEAN関係の強化に向け,緊密に連携することで一致しました。また,北朝鮮問題等についても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
岸田外務大臣のフィリピン,シンガポール,ブルネイ及びオーストラリア訪問 | 岸田外務大臣 会談・訪問 | 目次へ戻る