外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 川口外務大臣
川口外務大臣


日韓外相会談(概要)

平成14年8月1日

 ARF等一連の外相会談に出席するためにブルネイに出張中の川口外務大臣は、8月1日現地時間午後1時05分(日本時間午後2時05分)から約25分、崔成泓(チェ・ソンホン)韓国外交通商部長官との間で日韓外相会談を行い、対北朝鮮政策を中心に意見交換を行ったところ、概要以下のとおり。

  1. 冒頭、川口大臣より、先般の訪韓について謝意を表明した後、前日の日朝外相会談の結果について以下のとおり発言した。

    (1) 北朝鮮の白南淳(ペク・ナムスン)との会談では、自分(大臣)からは、朝鮮半島の緊張緩和のために、北朝鮮が米韓を含む関係国との対話を行うことが重要であり、一層の努力を期待する旨述べた。

    (2) また、日朝間の問題として、ミサイル問題やIAEA保障措置協定の履行といった安全保障上の問題や、拉致問題をはじめとする人道上の問題という諸懸案のすべてについて、日本側の立場を伝達した。

    (3) 双方は、国交正常化に関する諸問題及び日朝間の諸懸案を議論するため、8月25日頃を目処に平壌において局長級会合を開催することに合意し、また、8月中旬を目処に同じく平壌で赤十字会談が開催される予定である。

    (4) 白外相よりは、今回の会談が日本と北朝鮮が近くて近い国になるためのきっかけとなることを期待する旨の発言があるなど、北朝鮮側は、国交正常化に前向きであるとの印象を受けた。

    (5) 日本としては、対北朝鮮政策を進めるにあたっては、引き続き、日韓米の3ヶ国が緊密に連携することが重要と考えている。なお、これらのことは、今朝、パウエル国務長官と会談した際にも先方に伝達したところである。

  2. これに対し崔長官より、以下の発言があった。

    (1) 説明に感謝する。韓国政府は従来より、日本政府が北朝鮮との間で対話を進展させることを支持してきている。今回の日朝外相会談の結果、国交正常化交渉において諸問題を議論するための土台ができたと思う。8月に開催されることとなった局長級会合は、非常に重要であると認識している。

    (2) 諸外国、特に日本及び米国との関係で、北朝鮮が前向きな対応を行っていることを、韓国としても評価している。南北関係についても、韓国側より対話の提案を行っており、8月中にソウルで閣僚級会合を開催するべく、明日より、金剛山において実務者接触を行う予定である。

    (3) 韓国としては、韓国の友好国である日本及び米国が、北朝鮮との関与を進めていることを評価している。このような3ヶ国の協調は極めて重要である。

  3. 以上に対し川口大臣より、明日からの南北間の実務者接触及びそれに続く閣僚級会合が成功することを期待している、南北対話と米朝対話の進展は、日朝間の改善にとって重要である旨発言した。崔長官よりは、日米韓の各国と北朝鮮との対話が、互いによい影響を与え合うことが重要である旨の発言があった。


目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省