玄葉外務大臣

玄葉外務大臣の李明博大統領の表敬(概要)

玄葉外務大臣の韓国訪問(動画)他のサイトヘ

平成23年10月6日

  • (写真)玄葉外務大臣の李明博大統領の表敬-1
  • (写真)玄葉外務大臣の李明博大統領の表敬-2

 10月6日(木曜日)午後3時から約30分間,玄葉外務大臣は,訪問中の韓国ソウルにおいて,李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領を表敬したところ概要以下のとおり(同席者:日本側から,武藤駐韓大使,杉山アジア大洋州局長ほか,韓国側から,金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官,千英宇(チョ・ヨン ウ)青瓦台外交安保首席秘書官,趙世ヨン(チョ・セヨン)外交通商部東北アジア局長ほか)。

1.日韓関係

  1. (1)冒頭,玄葉大臣より,アジア太平洋地域において,民主主義的な価値に支えられた豊かで安定した秩序を作ることが極めて重要であり,日韓両国は,そうした死活的な利益を共有している,日韓両国は「近くて近い国」からK-POPや韓国映画等が日本のお茶の間に入ってくる更に身近な存在となっている旨述べ た。これを受けて李大統領より,玄葉大臣の外務大臣就任と訪韓を歓迎する,野田内閣には野田総理や玄葉大臣をはじめ韓国を重視する方々が多く,歓迎する旨 述べた。
  2. (2)引き続き,玄葉大臣より,野田総理は,10月18日から19日の訪韓を楽しみにしていると言遣ってきた,李大統領にも早く訪日していただきたい旨述べ,これに対し,大統領より,野田総理の訪韓を歓迎する旨述べた。

2.日韓EPAを含む日韓経済関係

 玄葉大臣より,日韓経済関係は緊密化しており,「一つの経済圏」の形成のためにも,日韓EPA交渉を早期に再開したい,事務レベルの協議を加速化させたい旨述べた。李大統領からは,韓国は様々な国とFTAを締結しており,日本とだけFTAを締結できないことはない,本格的に議論していきたい旨述べた。

3.北朝鮮問題

  1. (1)北朝鮮問題について,北朝鮮によるウラン濃縮活動を含む核開発において日韓及び日韓米が緊密に連携することが重要であることで一致した。
  2. (2)拉致問題に関し,玄葉大臣は,自ら胸に着けていた「ブルーリボン」のバッヂを拉致被害者救出の決意のシンボルとして紹介し,本件に係る韓国側の支持と協力に感謝するとともに引き続きの支持と協力を求め,李大統領から賛同を得た。

このページのトップへ戻る
玄葉外務大臣 会談・訪問 | 目次へ戻る