麻生外務大臣

日本・インドネシア外相会談(概要)

平成17年12月12日

(写真)日本・インドネシア外相会談(概要)

 ASEAN+3外相会議等への出席のためにマレーシアを訪問中の麻生外務大臣は、10日午前10時15分から約30分間にわたり、ハッサン・ウィラユダ・インドネシア外務大臣と会談を行ったところ、会談の概要以下のとおり。

二国間関係

  1. ハッサン外相より、麻生大臣の外相就任を祝したのに引き続き、両外相間で、本年6月のユドヨノ・インドネシア大統領訪日時に発表した「新たな挑戦へのパートナー」として、二国間の協力を更に発展させることで一致。
  2. 来年1月に予定されているユスフ・カッラ・インドネシア副大統領の訪日を成功させるとともに、08年の日・インドネシア国交樹立50周年を友好年として両国の関係の更なる発展の契機にすることについて意見が一致。
  3. ハッサン外相より、我が国による同国の鳥インフルエンザ対策への支援に対する謝意が表明された。
  4. ハッサン外相は、日本とASEANは30~40年の歴史があり、良好でかつ強固なものである旨述べた。

スマトラ沖地震に対する支援

 麻生大臣より、スマトラ沖地震への我が国の支援の有効な活用を求めたのに対し、ハッサン外相より、日本政府及び国民による時宜を得た寛大な援助に対し感謝の意が表された。また、同外相は、来年以降は復興プロセスに弾みがつき、日本の支援の利用も円滑となると述べた。

東アジア首脳会議

 両外相は、東アジア首脳会議(EAS)の今後の進むべき方向性について意見が一致した。ハッサン外相は、EASはASEAN+3のレプリカになってはならず、EASとしての明確な目標を持たなければならない旨述べた。

アチェ和平問題

 ハッサン外相より、アチ和平プロセスは非常にうまくいっており、次の焦点は来年4月に予定されている地方選挙の実施である旨発言があった。

日インドネシア経済連携

 両外相は、本年7月に開始した日・インドネシア経済連携協定の交渉を加速させることで意見が一致した。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る