非常勤・期間業務職員の募集

非常勤職員の募集(国際法調査員)

平成31年1月11日

 国際法は,その性格上,国家実行と共に国際判例及び学説によって常に発展を遂げており,我が国がとるべき国際法の解釈,また,国際法上の立場を検討するに当たっては,国際法全般にわたって,常に最新の判例・学説の動向を把握しておくことが重要です。
 外務省国際法局国際法課には,大学院課程の若手研究者の方々に,非常勤の国家公務員として原則週1日勤務していただき,国際法上の諸問題について,実務上の関心を踏まえて,執務上有用な資料を作成していただくことを中心業務とする「国際法調査員」の制度があります。
 今回は,国際法について専門的知識を有する大学院博士・修士課程在籍者(休学者を含む)相当の方を若干名,一般公募を行い採用することといたしました。募集に当たっての詳細は下記のとおりですので,ご関心のある方のご応募をお待ちしております。

1 応募資格

 国際法について専門的知識を有する大学院博士・修士課程在籍者(休学者を含む)相当の方で,十分な英語能力のある方(更に仏語の語学能力があれば望ましい。)。また,外務省(東京都千代田区霞が関)に通勤可能な東京近郊にお住まいの方。

 次のいずれかに該当する方は,今回の募集に応募できません。

  • (1)日本の国籍を有しない者または外国の国籍を有する者(確認のため戸籍謄本の提出が必要です。)。
  • (2)成年被後見人,被保佐人。
  • (3)禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者。
  • (4)一般職の公務員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者。
  • (5)日本国憲法施行の日以降において,日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し,またはこれに加入した者。

2 募集人数

 若干名

3 任期

 平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

4 待遇

 基本給,交通費は規定に基づき支給。

5 勤務内容

 各専門分野に関する調書・分析ペーパーの作成並びに専門分野における当方照会事項に関する助言及び参照すべき文献資料に関する情報の提供

6 勤務時間

 原則週1日(応相談)
 9時30分から18時15分(12時30分から13時30分は休憩時間。)

7 採用方法

 書類選考の後,面接を実施(書類選考を通過した対象者に対してのみ連絡します。)。

8 応募方法

 履歴書(写真付き),国際法分野の修士論文(あれば),及びこれまでの研究歴及び具体的研究テーマ等をまとめたペーパー(A4版1~2頁程度)を,下記宛てに郵送して下さい(なお,送付頂いた履歴書等の書類はお返ししませんので,予めご了承願います。)。

 〒100-8919
  東京都千代田区霞が関2-2-1
  外務省国際法局国際法課「国際法調査員」公募係

9 応募受付期間

 平成31年2月15日(金曜日)締切(消印)

10 問い合わせ先

 外務省国際法局国際法課 伊藤,中山
 TEL:03-3580-3311(代表)(内線5746)

このページのトップへ戻る
非常勤・期間業務職員の募集へ戻る