非常勤・期間業務職員の募集

非常勤職員の募集(専門分析員(南北朝鮮の政治・外交担当))

平成30年11月30日

 今日の国際関係の中で,情報収集及び情勢分析の必要性は日増しに高まっており,外務省として情報分析機能を一層充実させることが必要になっています。「外務省改革行動計画」においても,外部有識者の知見の一層積極的な活用及びネットワークの拡大を通じた情報・分析機能の強化が求められております。
 外務省国際情報統括官組織には,外国情勢や国際問題に精通しておられる専門家の方々に専門分析員として当組織で勤務して頂き,調査業務に従事して頂く「専門分析員」制度があります。
 今回は,朝鮮半島情勢(南北朝鮮の政治・外交)に関する専門家1名の一般公募を行い採用することとしました。募集にあたっての詳細は下記のとおりですので,ご関心のある方のご応募をお待ちしております。

1 応募資格

  • (1)朝鮮半島情勢についての専門的知識・経験をお持ちの方
  • (2)国内外の大学等研究機関への緊密なアクセスがあり,朝鮮語に堪能な大学院レベル以上の方
  • (3)週2日以内,東京都内(千代田区霞ヶ関)に通勤可能な地域にお住まいの方
  • (4)日本国籍を有し,かつ外国籍を有しない方
  • ただし,次のいずれかに該当する方は,今回の募集に応募できません。
  • ア 成年被後見人,被保佐人。
  • イ 禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者。
  • ウ 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者。
  • エ 日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し,またはこれに加入した者。

2 募集人数

 1名

3 任期

  • (1)採用日から翌年3月31日までとし,期間満了後は業務事情,本人の成績等によって更新の可能性があります
  • (2)最長2年

4 採用形態

 非常勤の国家公務員として採用。

5 待遇

  • (1)給与:当省の内規に基づき,日額単価を決定し,出勤日数に応じて支給。
  • (2)交通費:規定により支給。
  • (3)社会保障:各種保険法に基づく。

6 勤務内容

 専門分野に関する調査及び各種調書・分析資料の作成

7 勤務条件

  • (1)勤務日 :週2日以内(祝祭日,土・日曜日を除く。日数・曜日については応相談)
  • (2)勤務時間:原則として9時30分から18時15分まで(昼休み12時30分~13時30分)

8 採用方法

 書類選考の上,面接(面接の日時は後日対象者に連絡致します。)

9 応募方法

    下記のとおり,申込期限までに必要書類(下記10(1))を郵送してください。
  • (1)申込期限:平成30年12月28日(金曜日)必着
  • (2)郵送先 :〒100ー8919
            東京都千代田区霞が関2-2-1
            外務省国際情報統括官組織第三国際情報官室宛
            (注)封筒に「専門分析員公募(朝鮮半島)」と朱書してください

10 応募に必要な書類

  • (1)上記申込期限までに郵送
  • ア 履歴書(写真付)1通<・li>
  • イ 応募分野についてのこれまでの研究歴,具体的研究テーマ等をまとめた文書(A4版1頁) 1部
  • ウ 応募者本人著作による過去の関係学術論文 1部
  • (2)面接の対象者のみ当日に持参するもの
  •  
  • ア 最終学歴卒業(修了)証明書・在学証明書 1通
  • イ 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書):発行日から3か月以内のもの 1通
  • (3)その他
  • ア 応募書類はお返ししませんので,予め御了承ください。
  • イ 本件において知り得た個人情報は,第三者に開示・提供することはありません。

11 問い合わせ先

 外務省国際情報統括官組織第三国際情報官室(朝鮮班)
 TEL:03-5501-8000(代表)(内線:3480)

このページのトップへ戻る
非常勤・期間業務職員の募集へ戻る