Official Development Assistance

 日本の政府開発援助(ODA:Official Development Assistance)は、2004年10月に50周年を迎えます。
 日本は1954年10月6日にコロンボ・プランに加盟し、技術協力を開始しました。日本政府はこれを日本のODAの始まりとし、毎年10月6日を「国際協力の日」と定め、さまざまな記念行事を行っています。
 これまで日本のODAは、 アジアをはじめとする多くの開発途上国の発展に寄与してきました。それだけにとどまらず、日本と相手国との友好関係の強化、国民同士の交流の促進、 国際社会における日本の地位の向上などにも 多大な貢献をしてきたのです。
 50周年という節目に、 これまでの日本のODAが果たしてきた役割とともに、国際社会の一員としての日本が、 第2次大戦後今日の地位を得るまでに ODAをどのように展開してきたかなど、 その成果と歩みを振り返ります。

Contents
[ODA50年の成果] [ODA50年の歩み]
世界に貢献する日本のODA...4
東アジアの経済発展と日本のODA...6
   column/中国に対するODA

人づくりにおける貢献...8

ケーススタディ・日本のODA
ガーナ・野口記念医学研究所...10
タイ・東部臨海開発計画...11
体制整備期/1954~1976年...12
計画的拡充期/1977~1991年...14
政策・理念充実期 (旧ODA大綱期)/1992~2002年...16
新たな時代への対応 (新ODA大綱)/2003年~...18
  column/OECD-DAC援助審査に見る日本のODA50年
 
日本がODAを供与したことのある国・地域(2003年までの実績)

前ページへ

次ページへ