ザンビア共和国
ザンビア マップ 一般事情
1.面 積 752.61千km2(日本の約2倍)
2.人 口 1,010万人(2000年:世銀)、
人口増加率2.1%(99~2000年:世銀)
3.首 都 ルサカ(人口145万人)(1998年推定)海抜1,227m
4.人 種 73部族(トンガ系、ニャンジァ系、ベンバ系、ルンダ系)
5.言 語 英語(公用語)、ベンバ語、ニャンジァ語、トンガ語
6.宗 教 多くはキリスト教、その他伝統宗教
7.国祭日 10月24日(独立記念日)
政治体制・内政
1.政 体 共和制
2.元 首 レヴィー・ムワナワサ大統領
(Levy Mwanawasa)
2002年1月2日就任、任期5年
3.議 会 一院制の国民議会(任期5年)
4.政 府 (1)副大統領名 ネヴァス・ムンバ
(Nevers Mumba)
2003年5月28日就任
(2)外 相 名 カロンボ・ムワンザ
(Kalombo Mwansa)
2002年7月19日就任
5.内 政 (1)91年10月、一党制を維持してきたカウンダ前大統領は、複数政党制による選挙を実施し、チルバ大統領が圧勝した。カウンダ前大統領からの政権交代がスムースに行われ、アフリカにおける民主化のモデルとして高く評価された。
(2)94年10月、「独立の父」として根強い人気のあったカウンダ前大統領が政界復帰を宣言したため、チルバ大統領は、憲法を改正しカウンダ前大統領の立候補を阻止、96年11月再選を果たした。
(3)97年10月、兵士によるクーデター未遂事件が発生し、カウンダ前大統領が一時身柄を拘束された。周辺国やドナー国からの反発もあり、その後カウンダ前大統領は釈放された。
(4)2001年12月、チルバ前大統領により後継指名された弁護士出身のムワナワサ元副大統領が第三代大統領に当選。ムワナワサ大統領は、自らの政権を「ニューディール政権」と称し、汚職追放、政治改革、産業構造改革に力を入れている。
  経済(単位米ドル)
1.主要産業 :
(農)とうもろこし、たばこ、落花生、綿花
(鉱)銅、コバルト、亜鉛、鉛、石炭
(工)食品加工、繊維、建築資料、肥料
2.GNP(実質) :
3,000百万(2000年:世銀)
3.一人当たりGNP :
300(2000年:世銀)
4.経済成長率 :
2.0%(1999年:ザンビア政府統計)
5.物価上昇率 :
20.6%(1999年:ザンビア政府統計)
6.失業率 :
不明 雇用は就労人口の30%をカバーしているにすぎないと言われている。(IMF資料)
7.総貿易額(1999年) :
(1)輸出 753百万
(2)輸入 939百万
8.主要貿易品目(1999年) :
(1)輸出 銅、コバルト
(2)輸入 石油、肥料、電力等
9.主要貿易相手国(1999年、EIU推定) :
  (1)輸出 サウディ・アラビア(12.5%)、日本(10.2%)、英(7.7%)、タイ(6.7%)
(2)輸入 南ア(55.5%)、ジンバブエ(8.8%)、英(5.9%)、日本(2.7%)
10.通貨 :
クワチャ
11.為替レート :
1ドル=4,615ZK(2003年8月26日現在)
12.経済概況 :
(1)輸出収入の6割を銅・コバルトに依存する典型的なモノカルチャー経済である。ザンビア政府は、農業の振興、産業の多角化等に取り組み、近年、非伝統的輸出品に大きな伸びが見られる。
(2)チルバ政権時代は、構造調整計画に積極的に取り組み、経済自由化の促進、公務員の削減、徴税の強化、民営化等の諸策を実施したため、一時的にマクロ経済指標に改善は見られたが、その後、度重なる早魁、銅生産の縮小等により経済は低迷している。
(3)長年の懸案であったザンビア銅公社(ZCCM)の民営化については、2000年3月、ザンビア政府とアングロ・アメリカ社等外国資本との間で各々の対象鉱山に関する売買契約書の署名が行われ完了した。しかし2002年1月、アングロ・アメリカン社は国際銅価格の低迷による銅産業の不振から、コンコラ鉱山の経営から撤退したため、ザンビアの銅産業は厳しい状況に置かれている。
(4)ムワナワサ大統領は、従来の銅依存型の経済からの脱却を重点政策の一つとしており、肥沃な未開拓農地を広大に有することを踏まえての農業生産の向上や観光開発を中心とした産業改革に取り組んでいる。
経済協力
1.我が国の援助実績(2000年までの累積)
(単位 億円) :
(1)有償資金協力 965.43(2000年実績なし)
(2)無償資金協力 814.11(2000年 38.69)
(3)技術協力実績 328.16(2000年 15.01)
2.主要援助国(2000年、単位:百万米ドル) :
(1)独(112.2)
(2)英(111.4)
(3)オランダ(51.2)
(4)米(46.1)
(5)日(31.9)
 
 
視察スケジュール
月日 曜日 訪問先
1日目
7月19日(土)
成田空港発 アムステルダム国際空港着・発
2日目
7月20日(日)
ナイロビ空港着 ナイロビ国際空港発  ルサカ国際空港着 日本大使館にてブリーフィング
3日目
7月21日(月)
botan_1青年海外協力隊活動現場(カシシ孤児院:青少年活動)
botan_2孤立地域参加型村落開発計画(チョングェ)(技協・草の根無償)
4日目
7月22日(火)
botan_3ルサカ市周辺地区給水計画(無償)
botan_4ルサカ市プライマリー・ヘルス・ケアプロジェクト(フェーズ2)(技協)
botan_5エイズ及び結核対策プロジェクト(ザンビア大学教育病院)(技協)
5日目
7月23日(水)
botan_6HIVハイリスクグループ啓蒙活動(ワールドビジョン・インターナショナル)(開発福祉事業)
6日目
7月24日(木)
ルサカ着
ザンビア政府関係者との意見交換
7日目
7月25日(金)
日本大使館での意見交換会 ルサカ国際空港発  ナイロビ空港着 ナイロビ空港発
8日目
7月26日(土)
アムステルダム国際空港着  アムステルダム国際空港発
9日目
7月27日(日)
成田空港着
ザンビアに対する日本のODAを視察した意見・感想はこちら
モニターからの意見・感想はこちら
JAPAN Official Development Assistance 2004