広報・資料 ODAメールマガジン

ODAメールマガジン/特別号No.49(2011年3月3日発行)

ODAメールマガジン特別号No.49は,TV番組「地球VOCE」でバングラデシュとセネガルを訪れた杉山愛さんの取材レポートをお届けします。


このメールはHTML形式でお送りしていますが,テキスト形式で読み込むことも可能です。受信環境によっては,HTML形式をうまく表示できない場合がありますので,その際はテキスト形式で読み込んでください。
※迷惑メール対策をされている場合は,oda@mofa.go.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。


 なお,このODAメールマガジンでは,ODAの現場で働いている人々や実際にODAを視察した方々の生の声をお伝えしておりますので,本メルマガに掲載されている意見は執筆者個人の意見であり,政府の立場を示すものではありません。


杉山愛さんのTV番組「地球VOCE」現地レポートを体験して

今回バングラデシュ(*1)にはじめて行って,一番印象的だったことは「幸せの価値観」です。
行く前は一日1ドル以下の生活というのはどれほど過酷なものなのだろうかとイメージしていましたが,思い出されるのは多くの人の笑顔です。
スラム街でNGO組織エクマットラの渡辺さんの青空教室を見学させてもらいましたが,子供たちの表情はすごくイキイキとしていて悲壮感を感じさせないのです。
その驚きは街中でも同じでした。温暖な気候と豊かな農作物のおかげかもしれませんが,どこにいっても不幸とか絶望とかいう雰囲気がなく,前向きで明るい感じがしました。
それまでは物質的に貧しい=不幸という現実があるのかと予想していたのですが,もしかしたら物質的に豊かでも閉塞感に包まれているとしたら,日本人の方が日常に不幸を感じているのかもしれないと思いました。
現地の人たちは確かに大変な部分もあるはずですが,いつもみなさんの前向きな気持ちに感動させられました。幸せの価値はそれぞれの人の心が決めるものなんだと強く感じました。

(写真) バングラデシュにて
「マザーハウス」のバッグ工場

セネガル(*2)ではウーマンパワーに魅了されました。
魚市場で加工食品を作る作業でも,農村で杵とうすを使った作業でも,自然と歌とリズムがうまれてみんなで踊りだすのです。ともすれば退屈で過酷な重労働かもしれませんが,楽しそうな雰囲気に思わず私もまぜてもらいました。
シンプルな生活の中にあると,ひとりひとりの人間性が直接的に生活の質に影響を与えます。何を持って生活しているかよりも,どういう風に生きているかが豊かさだと教えられました。

(写真)
セネガルの子供たちとともに
(写真)
セネガルの魚市場
パワフルなアフリカンレディーたち

どちらの国でも日本の活動が役に立っていることは明確でした。普段から人の役に立ちたいし何かに貢献したいと思っている人は多いと思いますが,こうした場所では「何が必要か」がはっきりとしているのでストレートにその要望に取り組むことができます。
基本的なインフラや医療や教育の問題など,どれも直接的に生活にかかわる取り組みばかりで,どの活動をしている人も偉大でした。
わたしははじめて行った外国が好きになりましたし,同時にそこで貢献している日本人を見て自分の国も誇らしく思いました。すぐに真似できる活動ばかりではありませんが,自分にできることからしていきたいという気持ちに改めてなりました。
私も日本に帰ってからクリスマスに文房具などを集めて,NGOヒューマンネットワークの中村さんがやっている託児所に贈らせていただいたりしました。是非これからもみなさんの活動を応援し続けていきたいです。

(*1)杉山愛さんのバングラデシュレポートは2010年6月から8月にTV番組「地球VOCE」第9回から第12回,第15回から第18回で放映されました。

(*2)杉山愛さんのセネガルレポートは2010年9月から12月にTV番組「地球VOCE」第25・26回,第28・29回,第31・32回から第34・35回で放映されました。
詳しくは「地球VOCE」放送バックナンバーでご覧ください。

「地球VOCE」放送バックナンバー一覧ページへはコチラから他のサイトヘ

*NGOエクマットラの渡辺さんの青空教室は「地球VOCE」第9回,NGOヒューマンネットワークの中村真樹子さんの支援するセネガルの託児所は「地球VOCE」第29回でレポートされました。

バングラデシュ・セネガルの関連情報

●バングラデシュ情報

*バングラデシュ大使館からのODAメールマガジン第203号は2011年3月9日(水曜日)発行の予定です。

●セネガル情報

TV番組「地球VOCE」好評放送中!

<放送時間・放送エリア>
毎週金曜日 夜9時54分から10時まで テレビ東京
毎週土曜日 昼11時55分から12時まで テレビ東京系列

・関西地区(テレビ大阪),東海地区(テレビ愛知),北海道地区(テレビ北海道),九州地区(TVQ九州放送),岡山・高松地区(テレビせとうち)
(テレビ東京は再放送です。)



第1回開発協力フォーラム 参加者募集

みんなで語る、参加する「第1回開発協力フォーラム」3月16日(水曜日)開催!!
ミレニアム開発目標(MDGs)-全員参加型の目標達成に向けて- 参加者募集中

詳細はコチラから



New!ODAホームページ新着情報
「ODA出前講座」講師を派遣いたします!
任期付外務省職員の臨時募集(在東ティモール日本国大使館における経済協力担当職員)
第1回開発協力フォーラム 参加者募集(3月16日開催)
任期付外務省職員の臨時募集(在フィジー日本国大使館における経済・経済協力担当職員)
経済協力専門員の募集(MDGs関連業務)
任期付職員の募集(在カメルーン日本国大使館における経済協力担当職員)
経済協力専門員の募集(紛争予防平和構築無償・コミュニティ開発支援無償)
経済協力専門員の募集(草の根・人間の安全保障無償資金協力)
ODA出前講座(第125回)開催報告
コモロ連合に対する無償資金協力「食糧援助」に関する書簡の交換について
政策評価法に基づく事前評価書(パレスチナ自治区)
パレスチナ自治区に対する環境・気候変動対策無償資金協力「ジェリコ市水環境改善・有効活用計画」に関する書簡の交換について
ニュージーランド南島地震国際緊急援助隊救助チームの交代要員派遣について
ニュージーランド南島での地震被害に対する緊急援助(国際緊急援助隊救助チームの派遣)
ニュージーランド南島における地震を受けた現地への医師派遣について
スリランカにおける洪水被害に対する緊急無償資金協力について
ニュージーランド南島における地震被害に対する緊急無償資金協力について
タンザニア連合共和国に対する無償資金協力「貧困農民支援」に関する書簡の交換について
アーシフ・アリ・ザルダリ・パキスタン・イスラム共和国大統領の訪日(概要と評価)
ブルンジ共和国に対する無償資金協力「食糧援助」に関する書簡の交換について
国際緊急援助隊参加者に対する外務大臣感謝状授与式
日パキスタン首脳会談及び菅総理主催夕食会
日・アンゴラ外相会談
アンゴラ共和国に対する無償資金協力に関する書簡の交換について(「ポリオ撲滅計画」)
伴野外務副大臣のカンボジア・ベトナム訪問(概要)
日・インドネシア外相会談(第1回閣僚級戦略対話)
モンゴル国に対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換について
不正腐敗事件再発防止のフォローアップ及びコンサルタント業界活性化策の公表 (プレスリリース)
不正腐敗事件再発防止のフォローアップ及びコンサルタント業界活性化策の公表
政策評価法に基づく事前評価書(インド)
インドに対する円借款に関する書簡の交換について
ナンブレッテ・モザンビーク・エネルギー大臣による松本外務副大臣表敬
平成22年度日本NGO連携無償資金協力(地域・国別実績)
山花政務官とアフガニスタンで活動するNGOとの意見交換会の開催
伴野副大臣とピレス東ティモール財務大臣の会談(概要)
クレヘンビュール赤十字国際委員会(ICRC)事業総局長による伴野外務副大臣表敬
カリモフ・ウズベキスタン大統領の訪日
伴野外務副大臣のカンボジア,ベトナム訪問
スリランカに対する一般文化無償資金協力に関する交換公文の署名式について
日・ウズベキスタン首脳会談
第4回 日・パキスタンハイレベル経済協議
ホンジュラス共和国に対する無償資金協力「首都圏地滑り防止計画(詳細設計)」に関する交換公文署名式について
イラク経済ミッション派遣 概要と評価
枝野内閣官房長官とダウドザイ・アフガニスタン大統領府官房長官との会談
ODAメールマガジンは,ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。
また,外務省ホームページODAコーナーでは,新着情報を次々と更新しておりますので,是非ご覧下さい。
ODAホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


編集・発行 外務省国際協力局(〒100-8919 千代田区霞が関2-2-1)

ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録,削除及び電子メールアドレス変更は,下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html
このODAメールマガジンの内容について改善していきたいと考えておりますのでご意見・ご要望がありましたら,こちらからどうぞ。
ご意見メール
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る