広報・資料 ODAメールマガジン

ODAメールマガジン/特別号No.48(2011年1月14日発行)

ハイチ大地震から1年。ODAメールマガジン特別号No.48は,TV番組「地球VOCE」の取材でハイチを訪れたルー大柴さんのハイチレポートをお届けします。


このメールはHTML形式でお送りしていますが,テキスト形式で読み込むことも可能です。受信環境によっては,HTML形式をうまく表示できない場合がありますので,その際はテキスト形式で読み込んでください。
※迷惑メール対策をされている場合は,oda@mofa.go.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。


 なお,このODAメールマガジンでは,ODAの現場で働いている人々や実際にODAを視察した方々の生の声をお伝えしておりますので,本メルマガに掲載されている意見は執筆者個人の意見であり,政府の立場を示すものではありません。


ルー大柴さんのTV番組「地球VOCE」ハイチレポート~ハイチでのエクスぺアレンス(体験)~

 ラストイヤーの11月初旬にテレビ東京の番組「地球VOCE」の収録でハイチへ行ってきました。

(写真)

 ハイチ入国の前日は大都市ニューヨークでトランジットの為に1泊,少し時間があったのでブロードウェイを歩き,マネージャーと2人で食事をしました。

 翌日,その文明の最先端の国からわずか3時間半のフライトで正反対の国へ…
 もちろんファーストタイムに訪れたのですが,あまりのギャップにここが同じ地球なのだろうか?と感じました。

 空港へ到着すると昨年1月12日に起きた大地震の爪痕は至る所で見かけることが出来ました。倒壊したままの家々,多くの避難テント,仕事がなく町にあふれる人々…
 家の瓦礫の下には掘り起こされることなく,そのまま埋まっている方々がたくさんいらっしゃるそうです。

(写真) (写真)

 また,町の何カ所かにある給水場の水には大腸菌が含まれているそうなのですが,その情報を知らない子供達,もちろん大人達も生活用水として使用していました。

(写真) (写真)

 テント生活も拝見しましたが,2畳くらいのスペースに一家4人,ハエが飛び交い,下水設備が整わないので臭いもする大変な状況の中,それでもスマイルを見せながら暮らしていらっしゃいました。

(写真)

 そんな中,ハイチで頑張っていらっしゃる日本人の方々にお会いする事が出来ました。
 赤十字で働く女性ドクター,ハイチのマザーテレサと言われている須藤さん,NPOでハイチの復興に協力されている方,JICAで給水施設を作ってる方等々…
 人の国で人の為に自分を捧げている素晴らしい方達のお話を伺う事が出来,人間として大変勉強させられました。

 私達が暮らしている日本,色々な事も確かにありますが,衛生環境やライフラインが整備されているという事だけでも「本当に素晴らしい事だな。感謝しなければいけないな」と改めて感じられた,良い経験をさせて頂いたジョブとなりました。

 この放送は1月14日(金曜日)21時54分から22時まで,テレビ東京系列で9週に渡って放送されます。ご興味のある方はウォッチしてみてください。



TV番組「地球VOCE」好評放送中!

 TV番組「地球VOCE」は日本の国際協力の現状や関っている方々をご紹介し,各国との交流や人との繋がりを描く,ヒューマンドキュメンタリーです。

 番組では開発途上国における日本のODAによる活動,現場の第一線で活躍するNGOやNPOの活動そして,民間企業が行っている支援や取り組みを紹介します。

<放送時間・放送エリア>

毎週金曜日 夜9時54分から10時まで テレビ東京

毎週土曜日 昼11時55分から12時まで テレビ東京系列
・関西地区(テレビ大阪),東海地区(テレビ愛知),北海道地区(テレビ北海道),九州地区(TVQ九州放送),岡山・高松地区(テレビせとうち)
(テレビ東京は再放送です)

これまでの放映内容はこちらのバックナンバー他のサイトヘからご覧ください。



編集・発行 外務省国際協力局(〒100-8919 千代田区霞が関2-2-1)

ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録,削除及び電子メールアドレス変更は,下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html
このODAメールマガジンの内容について改善していきたいと考えておりますのでご意見・ご要望がありましたら,こちらからどうぞ。
ご意見メール
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance
このページのトップへ戻る
目次へ戻る