広報・資料 ODAメールマガジン

ODAメールマガジン/特別号No.40/2007年9月28日発行

 ODAメールマガジン特別号No.40は、「グローバルフェスタJAPAN2007」「外務省NGO研究会 人間の安全保障におけるプロテクション 第2回ワークショップ」の開催についてご案内いたします。


このメールはHTML形式でお送りしていますが、テキスト形式で読み込むことも可能です。受信環境によっては、HTML形式をうまく表示できない場合がありますので、その際はテキスト形式で読み込んでください。
※迷惑メール対策をされている場合は、oda_mail@www-cgi.mofa.go.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。


New!ODAホームページ新着情報
グローバルフェスタJAPAN2007の開催について ODAホームページ
無償資金協力(入札等結果の公表)(平成18年度)
無償資金協力(入札等結果の公表)(平成19年度)
世界エイズ・結核・マラリア対策基金増資会合の開催について
外務省主催NGO研究会「ネットワークNGOのあり方」
「グローバル社会に求められる企業とNGOのパートナーシップとは」連続勉強会の開催について
ウガンダ共和国における洪水被害に対する緊急援助について
外務省NGO研究会 人間の安全保障におけるプロテクション 第2回ワークショップの開催について
日本NGO連携無償資金協力(平成19年度の交換公文締結日別)
ODAメールマガジンは、ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。
また、外務省ホームページODAコーナーでは、新着情報を次々と更新しておりますので、是非ご覧下さい。
  ODAホームページ
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


 なお、このODAメールマガジンでは、ODAの現場で働いている人々や実際にODAを視察した方々の生の声をお伝えしておりますので、本メルマガに掲載されている意見は執筆者個人の意見であり、政府の立場を示すものではありません。


「グローバルフェスタJAPAN2007」へぜひお越しください!

「絆の大切さ」と「国際協力の今」を楽しく知ろう
◇◆「グローバルフェスタJAPAN2007」◆◇
~家族と地球~

10月6日(土曜日)・7日(日曜日)10時~17時
於:日比谷公園 入場無料

 10月6日(土曜日)・7日(日曜日)、東京の日比谷公園において、外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)及び特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)の共催で「グローバルフェスタJAPAN2007」を開催します。

 これは10月6日の「国際協力の日」にあわせて毎年開催され、政府、NGO、国際機関、各国大使館など200を超える団体が出展する国内最大規模の国際協力イベントです。

 今年は統一テーマを「家族と地球」とし、ご来場の方々に、私たちの生活の中心である家族、家庭から、私たちの周りの地域、環境、世界との絆や繋がりを考えてもらい、国際協力や途上国への理解を深めて頂くことを目指しています。国際協力をより身近なものに感じてもらい、政府開発援助(ODA)を含む国際協力の現状や必要性、政府とNGOの協力などについて理解してもらえるよう、楽しく分かりやすい行事を用意しています。

 たとえば、10月6日(土曜日)には国際協力/政府開発援助(ODA)への参加のあり方を共に考える「国際協力について語ろう」やODA紹介番組「関口知宏の地球サポーター」でおなじみの関口知宏さんのトークショー、10月7日(日曜日)には今回のフェスタのスペシャル・サポーターである眞鍋かをりさんのトークショーや出展者テントの訪問、両日とも行われる国際緊急援助隊デモンストレーションなどなど。

 また、外務省のテントでは「関口知宏の地球サポーター」のコーナーの他、参加者に自分でできる国際協力を宣言して頂く「私の国際協力宣言」や省員による座談会などを予定していますので是非お立ち寄り下さい。

 この他にも、ダンスや音楽、クイズ大会、チャリティーラン、各種ワークショップ・カルチャースクール、企業CSRテント・アトラクションなど、参加して、楽しみながら国際協力を体感できるイベントが盛りだくさん。各国の料理も味わえます。ご家族や友人をお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。詳しい情報は公式ホームページ(http://www.gfjapan.com)から。

開催日時
 2007年10月6日(土曜日)・10月7日(日曜日) 10時~17時

開催場所
 東京・日比谷公園(噴水広場・にれの木広場・野外小音楽堂・第二花壇 等)

最寄駅:日比谷駅

交通
 地下鉄日比谷駅・有楽町駅 A10・A14出口より徒歩2分
 地下鉄内幸町駅 A7出口より徒歩3分
 地下鉄霞ヶ関駅 B2出口より徒歩3分
 JR有楽町駅 日比谷口より徒歩4分

入場料:無料

主催
 グローバルフェスタJAPAN2007 実行委員会

共催
 外務省・独立行政法人国際協力機構(JICA)・国際協力銀行(JBIC)・特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)

後援
 総務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・東京都・社団法人 日本新聞協会・NHK・社団法人 日本民間放送連盟・財団法人 自治体国際化協会・財団法人 国際開発高等教育機構・社団法人 青年海外協力協会・社団法人 日本経済団体連合会

協賛
 味の素、東芝科学館、住友化学、三井住友海上火災保険、三菱商事、山梨日立建機、日立建機

○● グローバルフェスタJAPAN2007 特別企画 ●○

◆◆ステージプログラム◆◆

10月6日(土曜日)

開発教育/国際理解教育コンクール 表彰式
 【10月6日(土曜日)13時00分~14時00分】サブステージ
 第4回開発教育/国際理解教育コンクールの表彰式とクイズ大会を開催します。

画像 「関口知宏の地球サポーター」報告
 【10月6日(土曜日)14時15分~14時45分】メインステージ
 外務省提供のODA紹介番組「関口知宏の地球サポーター」のナビゲーターとしておなじみの関口知宏さんによるトークショー。トークショーの後には、外務省テントで「関口知宏の地球サポーター」絵日記の販売サイン会も行います。

画像 国際協力について語ろう
 【10月6日(土曜日)15時00分~16時30分】メインステージ
 国際協力/政府開発援助(ODA)への参加のあり方をいっしょに考えるセミナーです。紺野美沙子UNDP親善大使も来場。

10月7日(日曜日)

画像 眞鍋かをりトークショー
 【10月7日(日曜日)13時15分~13時45分】メインステージ
 “グローバルフェスタJAPAN2007”スペシャルサポーターの眞鍋かをりさんによるトークショーを開催。「私でもできる国際協力って?」をテーマに、眞鍋さんと一緒に国際協力について考えましょう。

画像 Songs for the Earth, Songs for the People ~SAKURA talk & live~(主催JICA)
 【10月7日(日曜日)14時00分~15時00】メインステージ
 世界の人々は今、どんなことを考えているのだろう。今年、JICA事業視察のためベトナムを訪問したシンガーのSAKURAさんと一緒に、世界のことを考えるライブ&トークショーです。

◆◆フィールドプログラム◆◆

10月6日(土曜日)、10月7日(日曜日)両日実施

画像 荒井健太郎くんによる出展団体インタビュー
 子どもサポーターである荒井健太郎くんが、子供の目線で出展団体にインタビュー。
 国際協力についていっしょに学びましょう。

国際緊急援助隊デモンストレーション及びクイズ大会
 【デモンストレーション:両日11時00分~11時45分/クイズ大会:両日14時30分~15時00分】
 デモンストレーションでは、世界の災害現場で活躍する日本のレスキューチームが災害時に役立つテクニックを伝授します。

カラフル地球マップ
 【両日10時00分~17時00分】
 芝生エリアに設置された世界地図のパネル型オブジェに、フェスタに参加して感じたことをメッセージにして貼りましょう。

企業CSR展示・アトラクション
 【両日10時00分~17時00分】
 企業が行っている国際協力の事例を紹介します。また不思議な実験ショーや体験コーナー、地雷処理機の展示など、実際に見て触って体感できます。

10月7日(日曜日)

チャリティーラン
 【10月7日(日曜日)10時00分スタート~閉会式13時00分】
 一緒に走ることでNGO活動を考え、国際協力に参加。参加者のチャリティーを通じて途上国活動を支援。

◆◆外務省・MOFAテント◆◆

 外務省テントでは、外務省員と気軽に話すチャンスとして座談会をおこないます。途上国で日本の貢献を実感した瞬間、ソフトパワー強化の取り組み、現場の視点をとおした国際協力のあり方など、外交官ならではの経験にもとづくお話を聞くことができます。

 また、毎週金曜日21時54分~22時00分にテレビ東京で放送しているODA紹介番組「関口知宏の地球サポーター」のコーナーを設置して、これまでの番組を上映するほか、関口さんが番組のロケで訪問した国で描かれた絵日記やお土産も展示し、10月6日には関口さんの絵日記販売サイン会、10月7日には関口さんのお土産もプレゼントする予定です。

 国際協力に関心をお持ちの方であればもちろん、「途上国のことがなんとなく気になる」という方も、ぜひ一度足を運んでみてください。

 また、MOFAテントでは、「私の国際協力宣言」と題して、皆さんの身近なところで途上国のためにできることを宣言し、実践してみよう!というとり組みをおこないます。自分できると気づいた国際協力活動をボードに書いて宣言していただき、それをテントで掲示します。一人ひとりからできる国際協力、あなたもはじめてみませんか?

 この他、日本のODAが図案となった外国の切手の展示や各種パンフレットの配布、お子さんでも楽しめるクイズなども予定しています。国際協力への第一歩をふみ出すとともに、より多くの人に国際協力へのアイデアを提供し、いっしょに国際協力活動をもり上げていきましょう。



外務省NGO研究会 人間の安全保障におけるプロテクション 第2回ワークショップの開催について

画像  外務省は、日本のNGOの専門的な能力を更に強化するために特定のテーマのもと、「NGO研究会」を毎年立ち上げ、研究会の事務局を務める団体や、他の関心を有するNGOと調整しながら活動を進めています。平成19年度は、「人間の安全保障におけるプロテクション(受益者保護)」をテーマとするNGO研究会が活動を展開しています。第2回ワークショップの詳細が決まりましたのでご案内します。

 なお、昨年度は、「人道支援におけるプロテクション」のテーマの下、NGO研究会が実施されました。その成果がODAホームページ(「国際協力とNGO」コーナー新着情報)に掲載されていますのでご参照下さい。

・日時:10月4日午後2時~5時
・会場:JICA地球ひろば
 〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24
・参加者:
 「人間の安全保障におけるプロテクション」参加NGO
・定員:60名
 (定員を超えた場合は、先着順とさせて頂きます。)
・料金:無料
・申込み締切日:10月1日(月曜日)
・事務局:特定非営利活動法人難民支援協会
 電話:03-5379-6001
 FAX:03-5379-6002
 URL:http://www.refugee.or.jp/(他のサイトヘ)

申込要領等、詳細についてはこちらをご覧ください。



編集・発行 外務省国際協力局(〒100-8919 千代田区霞が関2-2-1)

ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html
このODAメールマガジンの内容について改善していきたいと考えておりますのでご意見・ご要望がありましたら、こちらからどうぞ。
ご意見メール
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance
このページのトップへ戻る
目次へ戻る