広報・資料 ODAメールマガジン

ODAメールマガジン/2012年9月12日発行 第236号

ODAメールマガジン第236号は,パラオ共和国からの「親日国パラオよりAlii!(こんにちは)」「小学校教育を通じたパラオの人材育成支援」「グローバルフェスタJAPAN2012の開催(10月6日及び7日)」「アフリカ写真展「成長するアフリカと日本」の写真募集」,をお届けします。


パラオ共和国

このメールはHTML形式でお送りしていますが,テキスト形式で読み込むことも可能です。受信環境によっては,HTML形式をうまく表示できない場合がありますので,その際はテキスト形式で読み込んでください。
※迷惑メール対策をされている場合は,oda@mofa.go.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。


ODAメールマガジンは,我が国のODAについての様々な情報をタイムリーにお届けしています。
また,外務省ホームページODAコーナーでは,新着情報を次々と更新しておりますので,是非ご覧下さい。

なお,このODAメールマガジンでは,ODAの現場で働いている人々や,実際にODA事業を視察した方々の生の声をお伝えしていますので,本メルマガに掲載されている内容は執筆者個人の感想に基づいた意見であり,政府の立場を示すものではありません。



「親日国パラオよりAlii!(こんにちは)」原稿執筆:在パラオ日本国大使館 草の根・人間の安全保障外部委嘱員 竹中 久世さん

1. パラオの大自然

パラオは大洋州にある人口約2万人の小さな島国です。 美しい海,多種多様な珊瑚や海洋生物などを求めて,観光客が年間10万人程訪れます(うち4万人が日本人)。 今年6月には,「南ラグーンのロックアイランド」がユネスコ世界遺産に登録されました。 ロックアイランドは445の無人島から成り立っています。 また,パラオでは,昼間には頻繁に虹を見ることができ,夜にはたくさんの星を眺めることができます。 満月が近くなると,道端でカニに遭遇することもしばしばあります。

(写真) (写真)


2. 日本とのつながり

戦前,日本が統治していたこともあり,「ダイジョーブ」,「ベントー」,「デンキ」,「センセイ」,「トナリ」,「トクベツ」など,パラオ語となった日本語が日常生活において数多く使用されています。 パラオならではのお土産である,ストーリーボード/「イタボリ」(木材にパラオの伝説や神話を彫ったもの)の発案者も日本人の土方久功氏です。 日本昔話「桃太郎」は世代を越えて知られており,最近は,柔道を習う子供も増えています。

(写真)
「日本フェアー」にて浴衣姿を喜ぶ子供たち
(2011年11月)
(写真)
講道館から贈られた子供用柔道着30着をパラオ柔道連盟に寄贈(2012年6月)


3. 経済協力

楽園としてのイメージが強いパラオですが,生活環境改善において課題も抱えており,日本も様々な分野で支援を行っています。

(1)日本パラオ友好橋

今年1月,日本パラオ友好橋が建設10周年を迎えました。 この橋は,1996年に前の橋が崩落し,深刻な事態が発生したことを受け,日本の援助により建設されたものです。 首都や国際空港のあるバベルダオブ島と商業の中心で人口の大部分が住むコロール州を結ぶ,国民の生活に不可欠な存在で,パラオの経済発展に大きく貢献し,両国の友好の象徴となっています。

(写真)
日本パラオ友好橋10周年記念切手

(2)電力供給

昨年11月,発電所火災が発生した結果,電力供給力が需要の半分まで低下する事態に陥り,国民生活に大きな影響を与えました。 この事態を受け,日本は緊急無償資金協力として500キロワットの発電機4台を供与しました。 その後,電力供給力は回復しましたが,発電機の定期点検を実施するに十分な供給予備力の確保は未だできていません。 そこで,将来的な電力の安定供給のため,日本政府は5メガワットの発電機2台を供与する「首都圏電力供給能力向上計画」の実施を決定し,今年6月に交換公文の署名が行われました。 これから発電所棟の建設や発電施設の整備が行われ,安定した電力供給体制の構築と経済社会活動の活性化に貢献することが期待されます。

(写真)
緊急無償資金協力により発電機を供与
(写真)
「首都圏電力供給能力向上計画」に関する交換公文の署名


「小学校教育を通じたパラオの人材育成支援」原稿執筆:JICAパラオ支所 青年海外協力隊員 宮崎 聡美さん

言葉に表せられないほどきれいな海と豊かなジャングルに包まれたパラオ。 ここでは,明るく優しいパラオ人が,互いに支え合いながら,毎日笑顔で暮らしています。

私の配属先のペリリュー小学校は,全児童数(1~8年生)74人,教職員数17人の中規模校です。 活動目的は,初等算数科教育水準の底上げと教員の指導力向上です。 各学年の日々の授業支援,公開授業,先生向けの研修開催の他に,リサイクル活動や日本の学校へのパラオ紹介にも取り組んでいます。

(写真)
<共に作成した教具を使って指導中>
(写真)
<JICAボランテイア作成のかけ算ソングで九九を暗記中>
(写真) (写真)
<リサイクルの様子>

パラオでは,教師同士で授業を見せ合う公開授業は主流ではありません。 そこで,昨年度は教育省や学校長と連携し,公開授業を学校運営の柱にして,定期的に実施することができました。 公開授業の目的は,子どもの実態や指導技術を共有することと,教師の教材研究力・指導力を向上させることです。

私は,毎回,同僚と授業案を組み立てる時,意図的に同僚に身につけてほしい指導技術を盛り込みます。 その結果,少しずつですが,同僚が物や絵を使った指導,日常生活との関連,板書を重視するようになりました。 公開授業は,毎回,参加者全員が互いに学び合い,授業のよさや改善点を次の日の授業に活かすことができることから,同僚たちには好評でした。 今後は,保護者や幼稚園とも連携して授業を行っていく予定です。 このような活動が少しでも,パラオの将来の理数科人材の育成に役立てばと思います。

(写真)
(写真)
<公開授業の様子>

また,同僚の一人は,公開授業後,PlanDoSeeのサイクルを体得し,熱心にチャレンジを積み重ね,技量を高めています。 今夏,パラオと隣国マーシャルで開催された指導法の研修では,一緒に公開授業の成果を発表し,更なる自信をつけました。 彼女は,今,研修で学んだことを勤務校で実践してくれています。私は,そんな同僚と一緒に授業ができることに幸せを感じています。

(写真)
<国内での研修の様子>
(写真)
<ミクロネシア3国による広域研修>

パラオは私の大好きな場所です。 今後も,感謝と謙虚な気持ちを常にもち,パラオ人と共に一歩一歩チャレンジを積み重ね,よりよい環境を創っていきます。



「「グローバルフェスタJAPAN 2012」の開催(10月6日及び7日)」

日本国内最大の国際協力イベントである「グローバルフェスタ JAPAN」が10月6日及び7日の両日,東京の日比谷公園で開催されます。 本イベントは,国民の皆様に国際協力を身近なものに感じて頂くと共に,国際協力の現状・重要性などについての理解と認識を深めて頂くことを目的としています。 10月6日の「国際協力の日」の前後の週末に毎年開催されるもので,本年で22回目の開催となります。 本年のテーマは「Think Global, Think Green 世界を変えよう。未来をつくろう。」です。

国際協力を実践する多くの団体(NGO,国際機関,政府機関,企業等約230団体)による展示やステージイベント,ワークショップなどが行われるほか,参加型企画(スタンプラリー等)も行われ,楽しみながら国際協力に触れることができるイベントとなっています。

日比谷野外小音楽堂のメインステージでは,藤原紀香さんがメインナビゲーターを務める国際協力テレビ番組「地球VOCE(ヴォーチェ)」のステージ(「藤原紀香の「地球VOCE」トークショー」,「ルー大柴の「地球VOCE」トークショー」)やゾマホン大使も出演する成長する元気なアフリカについて語るステージ(「成長する元気なアフリカを語ろう!」),世界各地でスポーツを通じた国際協力を行う方々の話を聞くステージ(「世界を変えるスポーツの力」)などが予定されています。

また,日比谷図書文化館内では,近年著しい発展を遂げるアフリカで活躍する日本の団体(NGO,企業,援助機関等)や個人の写真を展示する写真展「成長するアフリカと日本」が開催されます。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳細・最新情報はグローバルフェスタJAPAN 2012の公式ホームページ他のサイトヘをご覧ください。

グローバルフェスタJAPAN 2012



「アフリカ写真展「成長するアフリカと日本」の写真募集」

近年著しい発展をとげるアフリカにおいて活躍する日本の団体(NGO,企業,援助機関等)や個人の写真を展示する写真展「成長するアフリカと日本」を今般開催します。

本写真展はグローバルフェスタJAPAN 2012(日比谷公園・平成24年10月6,7日)の他に,ワールド・コラボ・フェスタ(名古屋・平成24年10月27,28日),沖縄国際協力・交流フェスティバル(沖縄・平成24年11月10,11日),ワン・ワールド・フェスティバル(大阪・平成25年2月),TICAD V(横浜・平成年6月1,2,3日)にて巡回展示される予定です。

「成長するアフリカ」,「元気なアフリカ」における日本や日本人の活動をテーマに個人の方やNGOからのアフリカにおける体験や活動の写真を募集しておりますので,ふるってご応募下さい。(締切り9月19日(水曜日))

詳しくは以下リンク先をご覧下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/gfjapan/gf2012_africa.html



New!ODAホームページ新着情報
国際協力紹介テレビ番組「地球VOCE」
「ODA出前講座」講師を派遣いたします!
第175回ODA出前講座 開催報告(湘南学園高等学校)
第176回ODA出前講座 開催報告(北海道イングリッシュキャンプ)
第177回ODA出前講座 開催報告(ODA民間モニターOB・OG会)
経済協力専門員の募集(アフリカに対する経済協力及び援助協調)
グルジア議会選挙監視団参加の御案内
第5回アフリカ開発会議(TICAD V)のロゴの発表
ウケリ駐日コソボ共和国大使による浜田外務大臣政務官への表敬
日・ブルキナファソ外相会談
ソマリアに対する無償資金協力「紛争,武装集団及び海賊の影響を受けた若年層の更正・社会統合支援計画」に関する書簡の交換について
マラウイに対する無償資金協力「中西部地方給水計画」に関する書簡の交換について
モザンビークに対する無償資金協力「ナンプラ州中学校改善計画」に関する書簡の交換について
ニジェール共和国における洪水被害に対する緊急援助について
カメルーンに対する環境・気候変動対策無償資金協力「第五次地方給水計画」に関する書簡の交換について
コソボに対する一般文化無償資金協力に関する交換公文の署名について
シリアから流出した難民に対する緊急無償資金協力について
イラン北西部における地震被害に対する緊急無償資金協力について
中野外務大臣政務官のフィジー及びクック諸島訪問(太平洋諸島フォーラム(PIF)域外国対話出席等)
太平洋島嶼国における日米援助協調
中野外務大臣政務官のフィジー訪問及び太平洋諸島フォーラム(PIF)域外国対話出席(結果概要)
APEC 2012
ODAメールマガジンは,ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。
また,外務省ホームページODAコーナーでは,新着情報を次々と更新しておりますので,是非ご覧下さい。
ODAホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


編集・発行 外務省国際協力局(〒100-8919 千代田区霞が関2-2-1)

ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録,削除及び電子メールアドレス変更は,下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html
このODAメールマガジンの内容について改善していきたいと考えておりますのでご意見・ご要望がありましたら,こちらからどうぞ。
ご意見メール
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance
このページのトップへ戻る
目次へ戻る