広報・資料 ODAメールマガジン

ODAメールマガジン/2008年4月10日発行 第134号

 ODAメールマガジン第134号は、ウガンダからの「ウガンダを日本に発信」をお届けします。

ウガンダ地図

このメールはHTML形式でお送りしていますが、テキスト形式で読み込むことも可能です。受信環境によっては、HTML形式をうまく表示できない場合がありますので、その際はテキスト形式で読み込んでください。
※迷惑メール対策をされている場合は、oda_mail@www-cgi.mofa.go.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。


New!ODAホームページ新着情報
2007年におけるDAC諸国の政府開発援助(ODA)実績 ODAホームページ
ODA紹介テレビ番組「知花くららの地球サポーター(4月放送開始)
鶴田真由TICAD IV親善大使のケニア及び南部スーダン視察(結果)
平成20年度 ODA評価年次計画
G8開発大臣会合議長総括(仮訳)
小野寺外務副大臣と易中国商務部副部長の会談
小野寺外務副大臣とフォア米国際開発庁長官との会談
小野寺外務副大臣とオダカナダ国際協力大臣の会談
高村外務大臣とムルヤニインドネシア財務大臣との会談
DACによる2007年(暦年)の各国ODA実績(暫定値)の公表
政府開発援助(ODA)国別データブック 2007
無償資金協力(入札等結果の公表)(平成19年度)
英語版ODAホームページをリニューアルしました
第4回「平和と繁栄の回廊」構想4者協議事務レベル会合について
「第10回アフリカ・パートナーシップ・フォーラム」の開催について
政策評価法に基づく事前評価書(インドネシア)
政策評価法に基づく事前評価書(ブルガリア)
ODA出前講座 開催報告(第39回:千里国際学園)
チュニジアに対する円借款の供与について
ブルガリアに対する円借款の供与について
政策評価法に基づく事前評価書(フィリピン共和国)
インドネシア共和国に対する円借款の供与について
カンボジアに対する円借款の供与について
フィリピンに対する円借款の供与について
政策評価法に基づく事前評価書(ベトナム3件・タイ)
モロッコに対する円借款の供与について
タイに対する円借款の供与について
ベトナムに対する円借款の供与について
「探検しよう!みんなの地球」の統計データをアップデートしました
ベトナムの博士育成計画への協力に関する日本国外務省、日本国文部科学省とベトナム社会主義共和国教育訓練省との間の覚書について
鶴田真由TICAD IV親善大使のケニア及び南部スーダン視察について
ODAメールマガジンは、ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。
また、外務省ホームページODAコーナーでは、新着情報を次々と更新しておりますので、是非ご覧下さい。
  ODAホームページ
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


 なお、このODAメールマガジンでは、ODAの現場で働いている人々や実際にODAを視察した方々の生の声をお伝えしておりますので、本メルマガに掲載されている意見は執筆者個人の意見であり、政府の立場を示すものではありません。


ウガンダを日本に発信 原稿執筆:在ウガンダ日本国大使館 板倉 言葉 三等書記官

 日本のODAが世界各地でどう活かされているかを紹介するTV番組の取材班がこの度ウガンダへやってきました。

 「知花くららの地球サポーター」は、タレントの知花くららさんが、日本のODAを使用して実施した数々のプロジェクトの現場を視察し、プロジェクトに携わった人々や地元住民の方々にインタビューをするというものです。ひとつのプロジェクトにつき4分程度で、この4月より週一回、二ヶ月間に亘ってウガンダの特集が組まれています。第一回放送分は4月4日に放映済みです(テレビ東京では毎週金曜日午後9時54分から、テレビ大阪では毎週月曜日午前1時40分から、テレビ愛知では毎週木曜日午前8時40分から)。取材班の方々には、3月の中旬から後半にかけて、2週間現地に滞在いただき、精力的に取材をこなしていただきました。

 取材対象となったのは近年実施された、または実施中の9つのプロジェクトで、スラム街に住む青少年に対する職業訓練施設の建設、国家事業であるブジャガリ水力発電所からの送電線網整備、本邦NGOを通じたエイズ孤児への識字教育支援(写真参照)、及び日本が優位性をもつ稲作支援などが含まれます。稲作支援の現場では、取材班が朝早くから夕刻までじっくりと時間を費やし、圃場の状況、日本人専門家及びウガンダ人技術者の活躍振りや苦労話などを取材されました。ちょうど取材中の稲作圃場に、普段現地に住んでいてもあまり目にすることのない光景なのですが、ウガンダの国鳥カンムリヅルの群れが舞い込んできて、東京からの訪問客を歓迎してくれました。

 今回の取材にあたっては、日本が実施しているあらゆる形の経済協力を網羅し、紹介出来るよう、案件の選定を行いました。これら全てが、外務省及びJICAとウガンダ政府、国際機関またはNGOとが入念な協議を重ねた結果実現したプロジェクトであり、そのどれもが日本・ウガンダ関係の結晶とも言えるものです。ウガンダの貧困削減と経済発展のお手伝いをできればと、「基礎生活支援」「人的資源開発」「農業開発」「経済基礎インフラ整備」の4点を対ウガンダ支援の重点分野として設定し実施している日本の支援の一端を皆さんにお伝えできればと思います。

 今年の5月には、TICAD IV(第4回アフリカ開発会議)という、アフリカより40か国以上の首脳が一同に会し、アフリカの発展を議論するという大イベントが開催され、日本国内でもアフリカへの注目が高まることが期待されています。この機会に、ウガンダを始めとしてアフリカという日本にとってまだまだ未知の大陸に対する皆さんの興味・関心が高まることを願いつつ、今後ともウガンダ、アフリカの発信に努めていきたいと思っています。

画像
エイズ孤児宅への家庭訪問を行う知花くららさん


編集・発行 外務省国際協力局(〒100-8919 千代田区霞が関2-2-1)

ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html
このODAメールマガジンの内容について改善していきたいと考えておりますのでご意見・ご要望がありましたら、こちらからどうぞ。
ご意見メール
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance
このページのトップへ戻る
目次へ戻る