広報・資料 ODAメールマガジン

ODAメールマガジン/2007年7月11日発行 第117号

 ODAメールマガジン第117号は、ニジェール共和国からの「ニジェールにおける経済協力について」「識字学習に挑戦する人々」、そして「NGOのアカウンタビリティ能力強化セミナー」をお届けします。

ニジェール共和国地図

このメールはHTML形式でお送りしていますが、テキスト形式で読み込むことも可能です。受信環境によっては、HTML形式をうまく表示できない場合がありますので、その際はテキスト形式で読み込んでください。
※迷惑メール対策をされている場合は、oda_mail@www-cgi.mofa.go.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。


New!ODAホームページ新着情報
ODA事業におけるコスト削減の工程表(PDF) ODAホームページ
無償資金協力(入札等結果の公表)(平成18年度)
無償資金協力(入札等結果の公表)(平成16年度)
無償資金協力(入札等結果の公表)(平成15年度)
国際機関等への拠出金・出資金等に関する報告書 平成18年度版
政策評価法に基づく事前評価書(インドネシア共和国)
平成19年度第1回NGO相談員連絡会議開催報告
NGOのアカウンタビリティ能力強化セミナー(京都)
NGOのアカウンタビリティ能力強化セミナー(名古屋)
NGOのアカウンタビリティ能力強化セミナー(東京)
エジプト・アラブ共和国に対する無償資金協力「第四次上エジプト灌漑施設改修計画」に関する書簡の交換について
インドネシア共和国に対する無償資金協力(遠隔地ラジオ放送網拡張計画)に関する書簡の交換ついて
インドネシア共和国に対する無償資金協力(東西ヌサトゥンガラ州地方給水計画)に関する書簡の交換ついて
インドネシア共和国に対する無償資金協力「グヌンキドル県水道整備計画(2/2)」に関する書簡の交換ついて
インドネシア共和国に対する無償資金協力(持続的沿岸漁業振興計画)に関する書簡の交換について
政策評価法に基づく事前評価書(ウガンダ共和国)
パキスタン・イスラム共和国における洪水災害に対する緊急援助について
ムハマド・ユヌス・グラミン銀行総裁の来日について
国際協力企画立案本部会合の開催について
ウガンダ共和国に対する無償資金協力(中波ラジオ放送網整備計画)に関する書簡の交換について
グローバルフェスタJAPAN2007について
第23回ODA出前講座 開催報告(山口大学)
レバノンにおけるパレスチナ難民への人道支援に関する緊急無償資金協力について
タンザニアに対する無償資金協力に関する書簡の交換について
ツバルに対する無償資金協力(フナフチ港改善計画)に関する書簡の交換について
ベトナムの「人材育成奨学計画」に対する無償資金協力について
平成19年度NGO研究会 「ネットワークNGOのあり方」第1回研究会「パン・アフリカ的市民社会ネットワーク構築の現状」の開催について
フィリピン共和国に対する無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換について
セントビンセント及びグレナディーン諸島に対する無償資金協力(オウイア水産センター整備計画(2/2期))に関する書簡の交換について
パキスタン総選挙及び州議会選挙の実施に対する緊急無償資金協力について
人間の安全保障基金による「アラブ地域における人間の安全保障概念の普及計画」プロジェクト支援について
セルビア共和国のベオグラード国立劇場に対する一般文化無償資金協力について
タンザニアに対する無償資金協力(「ザンジバル市街地給水計画(第2期)」)に関する書簡の交換について
トルコに対する一般文化無償資金協力について
平成19年度 日本NGO連携無償資金協力~申請の手引き~(実施要領)
エジプト・ザファラーナ風力発電事業のCDM事業登録について
ミャンマーに対する無償資金協力「中央乾燥地植林計画(第5期)」に関する書簡の交換について
ミャンマーの「人材育成奨学計画」に対する無償資金協力について
マリ共和国に対する無償資金協力(第三次小学校建設計画(第2期))に関する書簡の交換について
政策評価法に基づく事前評価書(モンゴル国)
シリア・アラブ共和国に対する無償資金協力(地方都市廃棄物処理機材整備計画)に関する書簡の交換について
政策評価法に基づく事前評価書(パナマ共和国)
モンゴルに対する無償資金協力(第三次初等教育施設整備計画(第4期)及びウランバートル市廃棄物管理改善計画)に関する書簡の交換について
モンゴル国のモンゴル自然史博物館に対する一般文化無償資金協力について
ダルフール紛争の影響により発生したチャド及び中央アフリカの国内避難民に対する緊急無償資金協力について
パナマに対する円借款の供与について
ガイアナ共和国に対する無償資金協力「コリバートン給水計画(第2期)」に関する書簡の交換について
コスタリカの国立通信教育大学に対する一般文化無償資金協力について
エクアドル共和国に対する無償資金協力「新マカラ国際橋建設計画」に関する書簡の交換について
人間の安全保障基金によるブータンにおける女性と子供を含む社会的弱者に対する基礎教育、識字、収入の安定及び雇用のためのプロジェクト支援について
「平成19年度NGO長期スタディ・プログラム」(スタディ員の募集について)
キルギス国の「人材育成奨学計画」に対する無償資金協力について
第22回ODA出前講座 開催報告(東京国際大学)
モザンビーク共和国の「クアンバ教員養成学校建設計画」に対する無償資金協力について
ホンジュラス共和国に対する無償資金協力「テグシガルパ緊急給水計画(第1期)」に関する書簡の交換について
ルワンダ共和国に対する一般プロジェクト無償資金協力「地方給水計画(第2期)」に関する書簡の交換について
ODAメールマガジンは、ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。
また、外務省ホームページODAコーナーでは、新着情報を次々と更新しておりますので、是非ご覧下さい。
  ODAホームページ
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


 なお、このODAメールマガジンでは、ODAの現場で働いている人々や実際にODAを視察した方々の生の声をお伝えしておりますので、本メルマガに掲載されている意見は執筆者個人の意見であり、政府の立場を示すものではありません。


ニジェールにおける経済協力について 原稿執筆:在コートジボワール日本国大使館(ニジェール担当)渡部 英俊 書記官

 ニジェールは、西アフリカのサハラ砂漠南部のサヘル地帯に位置するイスラム教国です。国土の多くが砂漠に覆われているため、埃っぽい感じがします。逆に、非常に乾燥しているため、最高気温が45度(首都ニアメ)に迫ることもある乾期(4月、5月)を除けば、思っていたより過ごしやすい感じです。1日数回コーランのお祈りが至るところから聞こえて来るので異国情緒たっぷりな国です。

 ニアメを含め町中は車も走っていますが、時折ラクダも荷物を運びながら歩いており、のどかな雰囲気を醸し出しています。ニアメにはニジェール川という大河が流れていますが、橋が一本しか通っていないので、ラクダが歩いていると渋滞を引き起こすこともしばしばです。

写真    写真

 このように日本とは全く異なるニジェールです。日本人にとって一番違いを感じることの1つがその貧しさでしょう。ニジェールは、国連開発計画(UNDP)の「人間開発指数(2005年)」においては、177か国中177番目に位置し、世界で一番貧しい国の1つです。劣悪な保健・医療環境、低い教育水準等が原因と考えられますが、ニジェール人に原因を問うと水不足という答えが真っ先に返ってきます。

写真    写真

 このような厳しい環境に置かれているニジェールを援助するため、日本も約30年に渡りODAを実施しております。例えば、水不足解消及び保健・医療対策として衛生的な井戸採掘を行ったり、教育水準向上のため小学校を建設しています。

 在コートジボワール大使館は、コートジボワール以外に4か国兼轄していますが、現在邦人数が一番多いのはニジェールです。約100名の在留邦人がいますが、その中心は青年海外協力隊員です。約70名の隊員がニアメを中心にニジェール南部に帯状に分かれて活動しています。

 ニアメから一番遠いザンデールという町で活動している隊員は、ニアメから1日バスに乗ってようやく辿り着く程遠い所に住んでいます。隊員達の職種は、自動車整備、幼稚園教諭、看護師からコンピュータ技師に至るまで非常に多岐に渡っています。その活動はニジェールでは広く一般に知られ、ニジェール人から非常に感謝されています。

写真    写真

 日本は、小学校建設や井戸採掘等の多数の施設を建設し、無償資金協力を実施しています。同時に青年海外協力隊員や多数のJICA専門家等も活動しており、まさに無償資金協力と技術協力が結合されています。これは、様々な分野に亘るニジェール人のJICA研修への参加という面にも現れています。

 このように日本のODAはニジェールの経済発展に不可欠な一部分となっています。2004年から2005年に発生した食糧危機のように、ニジェールには依然として他国の援助が必要です。国土の多くを砂漠が覆い、ハンディが多いニジェールの貧しさを少しでも改善するために、日本は今まで以上に効率的にODAを行っていく必要があります。

写真


識字学習に挑戦する人々 原稿執筆:JICA一般短期ボランティア(村落開発普及員(識字))芦澤 雅子 さん

 西アフリカ、ニジェール共和国東部に位置するギダンルンジ市。この町には多くのハウサ族をはじめ、フラニ族、トゥアレグなどの多民族が共存しています。多くの住民が農業で生計を立てていますが、農閑期を利用して現地の人々のある挑戦が続いています。

 朝、太陽が顔を見せる前、その気配とともに皆、目を覚まし導かれるようにそれぞれの仕事へと歩き出します。女性達はサヘルの土で出来た水瓶を頭に乗せ井戸へと向かい、深さ約20メートルの井戸から水を汲みあげ、水をいれると約20キログラムにもなるその水瓶を頭に載せ、井戸と家とを何往復もします。

写真

 水汲みが済むと今度は主食である粟(あわ)を粉にする作業に入ります。日本でいう木の臼と、長さ1メートルはある重い木の棒を使っての製粉作業は数時間にも及びまさに重労働ですが、これも生活に必要な1日の欠かせない仕事です。

 この仕事が終わるのは、太陽が丁度真上を過ぎた頃。1日で最も暑くなるこの時間帯、通常であれば身体を休めるときですが、女性達はある場所へと向かいます。粟の茎で出来た小屋には、文字の学習を希望する村の女性達が集まり、その日の識字教室が始まるのです。

写真

 1日3時間から4時間の学習を終えると再び夕方の水汲みや、薪拾いへと出かけて行く女性達。日々の重労働に加えての学習は決して簡単ではないはずですが、学習を希望する人々の集まる教室内はいつも溢れんばかりのパワーで一杯です。

 文字を習得した人々はその心境を「暗闇に灯りが燈ったようだ」と表現をします。もし暗闇の中、光が見えてきたらどんなに安心する事でしょう。新しい世界からは何がみえてくるのでしょうか。

 文字との出会いは、今までの自分のいた世界とは違う新しい世界とをつなぐ扉になっているようです。2007年、ギダンルンジ市識字局はJICAの支援で識字講師育成研修を行い、その結果21か村で教室が開講されています。現在、各参加村が自分たちの力で教室を運営し、多くの人々が新しい世界への扉へと挑戦中です!



NGOのアカウンタビリティ能力強化セミナー

◆◇NGOのアカウンタビリティ能力強化セミナー◇◆

主催:外務省
運営:特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
運営協力:特定非営利活動法人 関西NGO協議会、特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター

 外務省は、昨年度に引き続き、NGOがその活動の透明性、正統性をアピールし、自己資金を充実するために必要なアカウンタビリティーに関するセミナーを、上記の3団体を実施団体として、名古屋、東京、京都で以下の要領で開催します。
 皆様のご参加をお待ちしています。申し込みは各実施団体にお願いします。

開催地 開催日 会場 実施団体・
運営協力団体
京都 7月21日
(土曜日)
京都産業会館 レンタルスペース第1(京都市) 特定非営利活動法人
関西NGO協議会
名古屋 7月28日
(土曜日)
(締切 7月23日)
COMBi本陣 N棟106共同会議室(名古屋市) 特定非営利活動法人
名古屋NGOセンター
東京 7月30日
(月曜日)
JICA国際協力総合研修所 特定非営利活動法人
国際協力NGOセンター

【お申込み・問合せ先一覧】

東京開催:特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC) 担当:荒瀬
 電話:03-5292-2911
 ファクス:03-5292-2912
 Eメール:arase@janic.org
 URL:http://www.janic.org/(他のサイトヘ)

京都開催:特定非営利活動法人 関西NGO協議会
 電話:06-6377-5144
 ファクス:06-6377-5148
 Eメール:knc@ak.wakwak.com
 URL:http://park15.wakwak.com/~knc/

名古屋開催:特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
 電話:052-483-6800
 ファクス:052-483-6800
 Eメール:info@nangoc.org
 URL:http://www.nangoc.org/(他のサイトヘ)



編集・発行 外務省国際協力局(〒100-8919 千代田区霞が関2-2-1)

ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html
このODAメールマガジンの内容について改善していきたいと考えておりますのでご意見・ご要望がありましたら、こちらからどうぞ。
ご意見メール
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る