会員規約


□●□ ODAメールマガジン □●□ 2003年9月12日発行 第26号
 9月に入って、八百屋さんの店先にも梨、林檎、葡萄、栗などが並び、秋の味覚を楽しむ季節となってきました。今回のメルマガは、中南米のメキシコから、日本での研修・留学をした経験がある元訪日留学生の方々が、メキシコに帰国後も日本での留学・研修の成果を活かして活躍している、というお話をお届けします。

 ODAメールマガジンは、ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。また、外務省ホームページODAコーナーでは、新着情報を続々と更新しておりますので、是非ご覧下さい。

ODAホームページ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


 ○● トピックス ●○

 ○元訪日留学生アリスペ医師夫妻の活躍
  (在メキシコ日本国大使館員 田中 豪一さん)
 ○[New!!]ODAホームページ新着情報



 ◇◆ 元訪日留学生アリスペ医師夫妻の活躍  
(在メキシコ日本国大使館員 田中 豪一さん) ◆◇ 


 メキシコには、我が国の国費によって日本での研修・留学をした経験がある元国費留学・研修生が一万人以上います。
 その元国費留学・研修生達は、我が国に対する愛着・シンパシーを持っており、帰国後に日本での留学・研修の成果を活かして公的な職業に携わっていたり、社会奉仕的な活動に献身している人達も多くいます。
 こうしたことから、元国費留学・研修生達は、日本とメキシコの友好関係を維持・発展させていくうえで、貴重な人材源になると言えます。当大使館としては、彼らが同窓生の組織を通じて、それぞれの活動を結び合わせ、互いに助け合い、更なる活動を呼び起こし、それらを通じて元国費留学・研修生全体が、メキシコ社会の中でよりダイナミックで存在感のある集団となることによって、日本とメキシコの友好関係を更に維持・発展させていくことを期待しています。
 今後、在メキシコ日本大使館では、元国費留学・研修生達との連携を強化し、彼らの文化・学術、経済、社会貢献など様々な分野での活動をあらゆる側面からバックアップ※していきたいと考えています。

※バックアップの例:
  ・日墨企業のマッチングイベント(JETRO)
  ・日本紹介や文化学術交流イベント(大使館広報文化班)
  ・草の根レベルの技術協力(JICA)
  ・草の根無償資金協力(大使館経済班)

 本稿では、そうした元国費留学・研修生達の活動の中から、モンテレーのアリスペ医師夫妻の活動を紹介します。

~インディヘナ集落での口蓋裂症治療のためのボランティア活動~

 アリスペ医師夫妻は、御夫婦ともども日本での研修スキームを通じて、大阪大学歯学部において歯科医学を勉強しました。
 アリスペ医師夫妻は、帰国後の1981年にNGO団体であるCLAYPA(兎唇治療協会)を設立(Clinica de Labio y Paladar Hendido,A.C.de Monterrey)し、ボランティアで来墨する大阪大学歯学部の歯科医師たちとともに、ベラクルス、オアハカ、チアパスなどの南部の貧しい州で、貧困と知識不足のために満足な医療サービスを受けることができないインディヘナの子供たちを対象として、無料で口蓋裂症(兎唇)の治療を行う活動を展開しています。
(2003年の活動実績と予定は、チアパス:2月7~9日、ベラクルス:6月7~14日、オアハカ:9月12~16日、トレオン:11月16~20日 です。)
 アリスペ医師夫妻は、日本への留学から帰国した後も、長く日本との関係、恩師との絆を保ち、メキシコ社会への無償の貢献を続けています。さらに、大阪大学歯学部の医師たちが、元国費留学・研修生達との友誼に応え、ボランティアで来墨してアリスペ医師夫妻と活動をともにしていることも、とても素晴らしいことと思われます。
 このように、メキシコのNGOの育成にもつながっているこの活動は、ODAが開発に必要な「人材」の育成に貢献した好例とも言えるでしょう。
 当大使館及び国際協力事業団(JICA)としても、アリスペ医師夫妻らの活動をバックアップするため、今年度JICAの草の根技術協力のスキームを通じ、口蓋裂症治療に必要な医療器具の購入資金を供与するプロジェクトを実施予定で す。
 ODAをめぐる内外の情勢には依然として厳しいものがありますが、この小さなプロジェクトが何物にも代え難い「人材」を育み、堅い絆で結ばれたその「人材」を引き続き応援していきたいと思います。


 ◇◆ [New!!] ODAホームページ新着情報 ◆◇ 

◆日本NGO支援無償資金協力 (平成15年度の交換公文締結日別)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/ngo_m15_08.html

◆平成16年度外務省ODA一般会計予算概算要求概要

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/yosan/yosan04/index.html

◆無償資金協力 (平成15年度の交換公文締結日別)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/siryo_5_17.html

◆有償資金協力 (平成15年度の交換公文締結日別)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/siryo_5_19.html

◆平成14年度 タイ国別評価(概要)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hyouka/report/thai6.html

◆平和構築分野におけるODAの活用(PDF)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/pdfs/heiwa.pdf

◆東アジア開発イニシアティブ(IDEA)福岡シンポジウム(概要と評価)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/kaigi/idae_fukuoka_gh.html

◆国際協力フェスティバル2003 開催のお知らせ

http://festival2003.visitors.jp/

◆平成15年度8月29日 政府開発援助大綱閣議決定(骨子(PDF)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/pdfs/taiko_030829.pdf

◆平成15年度第1回連携推進委員会(平成15年7月25日開催)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/taiwa/ngo_rs15_1.html

◆平成15年度 日本NGO支援無償資金協力に関するセミナーの開催について(参加者募集!)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/2003/0326_5.html
ページの掲載は終了致しました。


 【ODAメールマガジン】

 編集・発行 外務省経済協力局(〒105-8519 港区芝公園2-11-1)

 ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
 本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html





バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance