会員規約


□●□ ODAメールマガジン □●□ 2003年7月10日発行 第22号
 ODAメールマガジンは、ODA政策や様々な情報をタイムリーにお届けします。また、外務省ホームページODAコーナーでは、新着情報を続々と更新しておりますので、是非ご覧下さい。

ODAホームページ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index.html


 ○● トピックス ●○

 ○「グランハ協力完成式典」パナマ草の根無償資金協力の現場から
  (在パナマ大使館員:吉田 豊成さん)
 ○政府開発援助大綱(案)に関するご意見募集
 ○[New!!]ODAホームページ新着情報



 ◇◆ 「グランハ協力完成式典」パナマ草の根無償資金協力の現場から  
(在パナマ大使館員: 吉田 豊成さん) ◆◇ 


 パナマにおける草の根無償資金協力は、地方農村部への協力が多い。今回はパナマ市内からは、とても想像がつかない山奥の辺境の地で行った協力である。パナマ市から車で3時間の地にある地方都市の小さなホテルで一泊し、次の日早朝に出発した。赤道に近い国とは言え、両側に広がる牧場を駆け抜ける朝の空気はすがすがしいものである。しかし、幹線道路から1時間も走ると直ぐに未舗装の道路に変わり、4輪駆動の乗り心地も一変する。目指すは、これから約2時間半、山道を登ったエル・ミエラールという小さな集落である。本プロジェクトは、「グランハ協力」と呼ばれ、様々な商品作物の苗や家畜等の購入資金を供与し、農村集落の自立を手助けするものである。目的地エル・ミエラール村までは常にローギアで、エンジンはうなりを上げながら進んでいく。我々一行の先導を務める当国のNGO「パトロナト・デ・ヌトリシオン(栄養サービス財団)」のドライバーが車から降りてきて、当方のドライバーに何か指示している。それは川渡りで、川幅10mくらいの浅瀬を一気に渡りきらなければならない。ここで車が止まることは考えたくなかった。当館一のベテラン・ドライバーも若干緊張した面もちで慎重に車を進める。さらに、上り坂が続く。この付近では、車が通れる橋は珍しい。なぜなら雨季と乾季の水量が違いすぎるため、中途半端な橋では直ぐに流されてしまうからだ。目的地へ向う途 中、数件の集落を見かける。電柱はあるのでかろうじて電気は来ているらしい。どの家庭も大家族らしく庭先に沢山の洗濯物がかけられている。裸足で初老のおじいさんが何か作業をしている。そばには、薄汚れた白馬が繋がれている。この付近での重要な移動手段である。自動車はまだ高嶺の花だし、第一、道路がこの状況では、とても日常の足には使えない。
 開催場所が近づいてきた。というのも小官の数度の経験から会場が近づくにつれ、小さな子供にきれいな洋服を着せた婦人たちが目立ってくるからである。付近の集落の皆がおめかしをして集まってくる。平日なのに学校も特別に休みのようだ。子供らは何かの祭りが始まるかのように大人に手を引かれ、大きな石がごろごろしている山道を歩いてくる。大人の足でも数時間はかかりそうな山道を何時間もかけて集まってくる。
 いよいよ「グランハ」の会場に到着である。前述のNGOの準備で、付近一帯にラテンの音楽が流れている。小さな山の斜面に、老若男女が集まり、日本の協力で植えられた農作物(ユカ(イモの一種)、ナス、ミカン、レモン、パプリカ、トウモロコシ、トマト、タマネギ、インゲン豆)や小さな水田、養殖池、家畜飼育場(豚、鶏)を取り巻いている。
 我々一行の到着と共に会場は一段とにぎやかさを増す。アコーデオンの明るい伴奏にのって青年が替え歌を披露している。午前10時の開催に何とか間に合った。午前中なのにこの国の太陽は、既に真上から照りつけている。
 本プロジェクトのもう一人のプロモーターは、この国のモスコソ大統領である。顔立ちのきれいな女性の大統領で地方農村部の支援のために、非常に熱心な活動を繰り広げている。今回もこのセレモニーに駆けつけてくれる・・はずだ、というのも開催時刻に到着した試しが一度も無く、いつも1時間や2時間はゆうに待たされる。数時間かけて山道を歩いてくる村人のことを思えば、それもこの国のしきたりの一部かと気長に待つ。と、村人が一斉に空を見上げる。遠くの方から1機のヘリが近づくのが見える。大統領の到着である。大統領は付近の空き地に華麗に降り立ち、ブランドもののサングラスも実に決まっている。閣僚数人を引き連れて、今回もこの農村部が自立するためのプロジェクトの応援に駆けつけた。在パナマ日本大使が入り口で迎えると、喜んだ表情で挨拶を交わした。日本から農村援助をする最大のパートナーである。
 今回の援助によって、村人は今までとは少し違った商品価値の高い作物を手に入れた。その作物を糧にして、さらに村の生活が豊かになることを望む。日本の援助をきっかけに大統領も迎えた村人の心からの歓迎が印象的な協力現場であった。


 ◇◆ 政府開発援助大綱(案)に関するご意見募集 ◆◇ 

 対外経済協力関係閣僚会議が3月14日に決定した「政府開発援助大綱見直しの基本方針」に基づき、政府は、各方面と意見交換を行いつつ、政府開発援助(ODA)大綱の見直しに関して検討を行ってきました。今般、政府において新たな政府開発援助大綱の案をとりまとめましたので、これを公表するとともに、ご意見の募集を行うとともに公聴会を開催することとしました。

・政府開発援助大綱(案)に対するご意見募集について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/taiko_iken.html

・ODA大綱に関する公聴会の開催について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/taiko_kochokai.html


 ◇◆ [New!!] ODAホームページ新着情報 ◆◇ 

◆政府開発援助大綱(案)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/taiko.html

◆政府開発援助大綱(案)に対するご意見募集について

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/taiko_iken.html

◆ODA大綱に関する公聴会の開催について

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/ugoki/sochi/t_minaoshi/taiko_kochokai.html

◆日本NGO支援無償資金協力 (平成15年度の交換公文締結日別)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/ngo_m15_06.html

◆月間広報誌「国際協力プラザ」2003年4-5合併号

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/k_plaza/kp2003_0405/index.html

◆ODA評価ガイドライン(PDF)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/hyoka/pdfs/guideline.pdf


 【ODAメールマガジン】

 編集・発行 外務省経済協力局(〒105-8519 港区芝公園2-11-1)

 ODAメールマガジンをご利用いただきありがとうございます。
 本サービスの登録、削除及び電子メールアドレス変更は、下記の画面にて受け付けております。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/index.html





バックナンバートップへ戻る
Copyright(C): JAPAN Official Development Assistance