ODAとは? ODAちょっといい話

第二話
戦後の灰燼からの脱却

その1

ガリオア・エロア資金なかりせば


 第二次世界大戦直後の日本は、まさに灰燼の中にあった。その混乱と疲弊から立ち直り、経済大国への道を歩む上で、アメリカからの資金援助である「ガリオア・エロア資金」(注)の果たした役割は計り知れないものがあった。
 1946年から51年にかけて、約6年間にわたり日本が受けたガリオア・エロア援助の総額は、約18億ドルであり、そのうちの13億ドルは無償援助(贈与)であった。現在の価値に換算すれば、約12兆円(無償は9.5兆円)となる膨大な 援助であった。この援助がなければ日本の復興は考えられなかったのである。
 日本が現在、1年間に1兆5000億円のODAで世界の約160カ国を支援していることと比較すると、アメリカが日本1国に対し援助した今の価値で12兆円(1年では2兆円)がいかに多額な援助であったかが理解できよう。
 日本はこのような援助を受けながら成長を遂げて、援助される立場を卒業し、そして援助する側になり、アメリカを凌ぐ世界一の援助国になったことは、世界的にみても極めてユニークなケースなのである。
 そして早くも1954年には、コロンボ・プランに加盟し、援助する側の一員として南アジアや東南アジアの国々への支援を開始することになったのである。

(注)ガリオア資金:第二次世界大戦後の米政府による占領地救済政府基金(GARIOA:Government Appropriation for Relief in Occupied Area Fund)

 エロア資金:占領地経済復興基金(EROA:Economic Rehabilitation in Occupied Areas)

 なお、ガリオア資金は米国軍事予算の一部を使って、旧敵国を支援するために設立されたものである。



その2

世界銀行への恩返し


 わずか数年前の1990年7月、日本はついに開発途上国を“卒業”した、と言ったら驚く人が多いに違いない。
 戦後間もない1953年から導入されはじめた世界銀行(国際復興開発銀行)からの低金利の融資は合計8億6,000万ドル(当時の日本円では3,200億円、現在の額に換算すれば約6兆円)に達し、インドに次ぎ2番目の大きな金額であった。つまり日本は世界でもっともお世話になった被援助大国の一つであったのである。
 当時の日本の経済力はアメリカのわずか数%に過ぎず、正に、開発途上国そのものであった。
 日本はその資金を、東海道新幹線や東名高速道路、そして黒四ダム、愛知用水といった日本のもっとも必要とした経済発展のインフラ(経済基盤)整備に使い、その結果、日本は驚異的な発展を遂げたのである。
 日本は毎年着実に世銀ローンを返し続け、90年7月、全ての借金の返済を終了した。
 借りたお金を有効に使い経済大国へと発展し、アメリカと並ぶ最大の拠出国となった日本は、世銀の目から見て、最も優れた模範生であった。
 お世話になった世界銀行、そして世銀に拠出金を出してくれていた当時の先進諸国への恩は忘れないようにしたいものである。


その3

国際NGOからの大きな贈物


 現在50歳以上の人々はおそらく“ララ物資”と“ケア物資”を記憶しておられるのではなかろうか。  戦後、食料品や医薬品そして日用品など、いろいろ不足していた時代に、腹を空かせ病に苦しむ日本の子供たちをはじめ多くの人々を救ってくれた救援物資である。

 まず、“ララ物資”である。
英語でLARA(Licensed Agencies for Relief of Asia:公認アジア救済連盟)という。
 戦後、日本を救済するために、アメリカはもとより、カナダ、中南米の各地から集まった資金や物資を一括し対日救援物資として送り出す窓口として、1946年6月に一本化された組織が、この「ララ:LARA」であった。
 そして同年11月、アメリカの有力NGOの協力を得て、輸送を開始し、全てのララ物資は無事横浜港に到着したのである。
 [なお、この「ララ」の設立と活動のかげには、カリフォルニア在住の日系アメリカ人の浅野七之介氏の献身的な努力があったという。また、多数の国にまたがり、多くの民間人、民間団体からの資金や物資の提供であったため、その救援総額は不明であるが、膨大な額であったと思われる。(注:推定では当時のお金で約400億円)]

戦後、日本は多くの国際NGOに助けられた。
写真提供(財・ケアジャパン)
 次に“ケア物資”である。
 1945年の終戦直後、戦後のヨ-ロッパを救済するために、アメリカで設立されたNGOの一つに「ケア」(CARE:Cooperative for Assistance and Relief Everywhere)があった。
「ケア」は1948年にヨ-ロッパ以外ではじめて日本に事務所を開設し、救援活動を開始した。
 1948年から55年にかけて、日本などに送られた「ケア物資」は金額にして5000万ドル(当時では180億円、現在の貨幣価値に換算すれば約4000億円)に達した。
 その内容は、食料品、菓子、コーヒー、紅茶、砂糖、および石鹸など日用品も含め多岐にわたるものであった。
 このケア物資によって助けられた日本人は小中学生をはじめ1,500万人に上った。
 戦後の絶望的な混乱期に多くの日本人に夢と希望を与えてくれた多くの諸国の民間人、ボランティア団体(NGO)の善意と友情を忘れないようにしたいものである。



その4

「ユニセフ」さん有難う


 戦後の日本の衛生状態、食糧事情は悪かった。

 多くの子供たちは栄養失調と病気に苦しんでいた。

 その子供たちを救済してくれた国連機関があった。「ユニセフ」である。

「ユニセフ」(UNICEF、国連児童基金)は、自然災害や戦争などにより被害を受け、伝染病や栄養失調に苦しむ子供たちを救済するために設けられた国連機関(現在約140カ国を支援)である。
 「ユニセフ」は、日本の子供たちのために、約65億円(現在の貨幣価値として約1,300億円)の資金を提供してくれたのである。
 ちなみに最近の日本の対ユニセフ拠出状況は、全拠出国の内の拠出比率は約8%で第4位、30億円(ODAカウント)である。]
 現在、日本の黒柳徹子さんがユニセフ親善大使として世界の途上国の子供たちを救済するために募金活動をされたり、ルワンダ、カンボジアなどの現地を訪問し大活躍されておられる。頭の下がる思いである。

 「ユニセフ」のさらなる発展を祈りたい。



その5

太平洋を渡った留学生


 日本が物資不足、食糧不足に悩み苦しんでいた戦後まもない頃に、将来の日本を考え、人材育成のために、若人に大きな夢と希望を与えてくれた制度がある。
 フルブライト留学制度である。
 終戦直後の1946年、フルブライト米上院議員の提唱で始まったこの制度によって、世界百数十カ国からこれまでに20万人以上の学生や研究者がアメリカへ渡った。
 日本でも1952年にスタート、これまでに約6,500人の人々がこの制度によりアメリカ留学をはたしたのである。この人達はフルブライタ-と呼ばれ、戦後の日本の財界、政界、官界および教育界で活躍し、日本の発展に大いに寄与したのである。
 また、高校生レベルでは、アメリカン・フィールド・サービス(AFS)留学制度により、多くの高校生がアメリカに渡り、現地の高校でアメリカ人学生と一緒に学び、ホームステイをして多くの友人を作り、将来の日本を担う社会人へと育っていったのである。
 「物」だけでなく、「心」についても気配りをしてくれたアメリカの多くの市民に対する感謝の気持ちは忘れてはならないであろう。

このページのトップへ戻る
前のページへ戻る次のページへ進む目次へ戻る