国連外交

日本の2022年安保理非常任理事国選挙への立候補

平成29年12月18日

 日本は,2022年安保理非常任理事国選挙へ立候補しています。
 日本は,これまで国連加盟国中最多の11回,非常任理事国を務めました。これからも,国際社会の平和と安全の維持に貢献し続けるために,日本の常任理事国入りを含む安保理改革が実現するまでの間,可能な限り頻繁に理事国となるべく努めていきます。

【参考】
2022年安保理非常任理事国選挙の概要
  • 投票日:2022年6月(予定)
  • 任期:2023~24年の2年間
  • 改選議席:アジア・太平洋グループ1議席,アフリカグループ1議席,ラ米カリブグループ1議席,西欧その他グループ2議席。
    非常任理事国の地位・権限
  • 任期は2年で毎年5議席が改選。
  • 任期満了後退任した国は引き続いて再選される資格はない。
  • 安保理の決定事項に関する投票権を有するが,常任理事国が有する拒否権は有しない。
  • 非常任理事国の議席は,地域グループ毎に以下のとおり割り振られている。
地域グループ 所属加盟国数 議席数 備考
アジア・大洋州542毎年1議席が改選
アフリカ543奇数年に2議席,
偶数年に1議席が改選
ラ米332毎年1議席が改選
西欧その他292偶数年に2議席が改選
東欧231奇数年に1議席が改選

(注)我が国はアジア・太平洋グループに所属。

このページのトップへ戻る
国連外交へ戻る