外務省以外の採用情報

令和2年11月4日

 「日露青年交流センター」は、日露間の国民レベルの人的交流を抜本的に拡充することを目的として1999年に締結された日露青年交流協定(以下「協定」という。)に基づく国際機関「日露青年交流委員会」の事務局として我が国に設立されました。

 「日露青年交流センター」は、(1)短期間のロシアの若者の日本への招聘及び日本の若者のロシアへの派遣事業、(2)ロシアへの日本語教師派遣事業、(3)両国の若手研究者に対するフェローシップ供与事業の3つを柱として交流事業を行っています。1999年7月の事業開始以来、2020年5月末現在、約9,100人の両国青年が交流事業に参加しています。(日露青年事業の詳細については、「日露青年交流センター」のウェブサイト別ウィンドウで開くをご参照下さい。)

 事務局長は、「日露青年交流センター」の統括責任者であり、その組織運営及び事業実施という重要な職務を遂行しています。現在の事務局長の任期が2021年3月31日で終了することから、今回、事務局長候補者を以下の要領にて一般公募します。
 なお、「日露青年交流センター」事務局長は、協定第5条2に従い、日本国政府の推薦に基づき日露青年交流委員会(日本側構成員3名、ロシア側構成員3名で構成。)により任命されます。

1 職務内容

 事務局長の主な職務は、以下のとおりです。

  • (1)日露青年交流事業の実施面の統括
    • ア 案件の発掘、案件当事者との調整
    • イ 個別の案件の日程、その他組織面の事項の決定
    • ウ 個別の案件における主要プログラムへの参加
    • エ 日露青年交流事業の広報
  • (2)日本国外務省との連絡・調整
  • (3)会計・人事等
    • ア 日本国政府から拠出された資金の適切な使用、管理及び運用
    • イ 「日露青年交流センター」職員の雇用など人事及び労務管理

2 採用予定者

 1名

3 任期

 2年(その後の1年の任期延長もあり得ます。なお、事務局長の任期は1期3年とし、任期終了に際しては再度公募を実施します。同一人物による最大任期は2期6年とします。)

4 待遇

 日露青年交流委員会事務局の関連規則に基づき給与、賞与等が支給されます。

5 応募資格

  • (1)日本国籍を有すること(外国の国籍を有する方は不可)
  • (2)ロシアにおいて勤務経験を有すること
  • (3)「日露青年交流センター」の業務を行う上で必要なロシア語能力を有すること
  • (4)組織の運営や経営の経験を積んでいること

6 申請期限及び申請書類の郵送先

(1)締切:
令和2年12月11日(必着)
(2)郵送先:
外務省ロシア交流室
〒100-8919
東京都千代田区霞が関2丁目2番1号

7 申請書類

  • (1)履歴書1通(様式は問いませんが、日本語で作成し、必ず写真を添付して下さい。高校卒業以降の学歴及び職歴をすべて記入して下さい。志望動機をA4用紙1枚程度で記入し添付して下さい)
  • (2)卒業(修了)証明書(国内外の大学・大学院は問いません)
  • (3)戸籍謄本1通(発行日から3か月以内のもの)
  • (注1)上記申請書類のうち、(2)及び(3)の書類については、応募の締切までに入手が間に合わない場合には、その旨応募時に明記して下さい。応募後、第1次選考(書類審査)を通過した場合には、第2次選考(面接審査及び語学試験)実施日に持参して下さい。
  • (注2)戸籍謄本は、応募者の外国籍の有無を確認するために提出を求めるものです。
  • (注3)提出して頂いた応募書類は返却しません。

8 選考方法

 選考は、第1次選考(書類審査)及び第2次選考(面接審査及びロシア語試験)に分かれており、外部有識者からなる第三者委員会が書類・面接審査、当省関係者がロシア語試験(口頭)を実施いたします。第2次選考については、1月中旬(1日間)を予定しています。第1次選考及び第2次選考の結果は、選考受験者全員に対して個別に通知します。

9 備考

  • (1)次のいずれかに該当する方は、応募することができません。
    • ア 上記5の応募資格を満たさない方
    • イ 成年被後見人及び被保佐人
    • ウ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行または執行猶予期間が終わっていない方
  • (2)事務局長に任命された場合、現在職に就いている方は、事務局長就任までに退職して頂く必要があります。

10 問合せ先

 外務省ロシア交流室
 〒100-8919
 東京都千代田区霞が関2丁目2番1号
 電話番号:03-5501-8301(担当:清野(せいの))

外務省以外の採用情報へ戻る