北米

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

日米関係

平成21年10月

1.日米関係総論

2.日米安全保障関係

3.日米経済関係

4.リンク

(1)過去の「日米関係」及び「最近の米国情勢」

(2)在日アメリカ合衆国大使館ホームページ


1.日米関係総論

 日米両国は、基本的価値及び戦略的利益を共有する同盟国であり、二国間の課題に適切に対処し、幅広い分野で日米関係を一層深化させるとともに、アジア太平洋地域の平和と繁栄の確保や国際社会が直面するグローバルな課題について、様々な機会をとらえて緊密に協力してきている。

 日米安全保障体制を中核とする日米同盟は日本外交の基軸であり、日本及び極東に平和と繁栄をもたらすとともにアジア太平洋地域における安定と発展のための基本的な枠組みとしても有効に機能してきた。冷戦終結後も、依然として不安定な要素が存在しているアジア太平洋地域において、日米同盟は、引き続き不可欠な役割を担っている。

 2009年には、1月に米国ではオバマ政権が発足し、9月には我が国では鳩山政権が発足した。鳩山総理大臣は、就任直後に国連総会出席の際、オバマ大統領と日米首脳会談を行い、日米同盟を日本外交の基軸として重視していく考えを伝達し、日米同盟の一層の強化で一致した。地域の課題及びグローバルな課題についても、建設的で未来志向の日米関係を築き、従来にもまして協力の幅を広げていくことを確認した。

2.日米安保関係

 日米安全保障体制は、戦後、アジア太平洋地域における安定と発展のための基本的な枠組みとしても有効に機能し、日本及び極東に平和と繁栄をもたらしてきた。同時に、北朝鮮の弾道ミサイル及び核問題が示すとおり、アジア太平洋地域には、冷戦終結後も朝鮮半島や台湾海峡をめぐる情勢等、不安定な要素が依然存在している。このような状況において、日本及び地域の平和と安全を確保するために、同盟国である米国と日米安保体制を一層強化していくことは重要である。

 日米両政府は、日米安保体制を一層強化するための各種協議を続けてきている。また、米国の対日防衛義務を果たす約束が揺るぎないものであることは、累次の機会に確認されている。

 また、2009年9月の鳩山総理とオバマ大統領との間の日米首脳会談においては、鳩山総理から、日米安保体制はアジア太平洋地域の平和と安定の礎であり、日米安保をめぐるいかなる問題も日米同盟の基盤を強化する形で、緊密に協力したいと述べ、日米両国で引き続き緊密に協議していくこととなった。

3.日米経済関係

 近年の日米経済関係は、かつての摩擦に象徴される関係から、建設的な対話を通じた協調の関係へと変化してきた。さらに、世界経済の持続可能な発展のために不可欠であるグローバルな課題への対処や、世界的な景気後退、金融諸問題や気候変動問題への対応など、経済分野における日米協力は大きく広がった。

 2009年9月に行われた鳩山総理とオバマ大統領との間での日米首脳会談においては、金融・世界経済に関し、両首脳は世界経済の回復を確実なものとし、またその持続可能な成長を実現するため、緊密に連携していくことで一致した。また、COP15に向けた国際交渉を進めるために密接に協力していくことで一致した。

4.リンク

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る