アフリカ

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

秋篠宮同妃両殿下のウガンダ御訪問

平成24年6月19日

 6月12日~15日,秋篠宮同妃両殿下は,ウガンダ共和国を公式訪問されたところ,概要,意義は以下のとおり。

1.概要

 秋篠宮同妃両殿下は,ウガンダ共和国政府の招待により,6月12日から15日まで同国を公式訪問された。両殿下の御訪問は日ウガンダ外交関係樹立50周年の機会を捉えたものであり,御滞在中,ムセベニ大統領表敬,大統領主催・日ウガンダ外交関係樹立50周年記念晩餐会及びナイル架橋建設日本・ウガンダ友好親善定礎式への御臨席の他,ナイル源流,稲研究・研修センター,ウガンダ国立博物館等の御視察を含む御日程を精力的にこなされた。

(写真)
(秋篠宮同妃両殿下のムセベニ大統領表敬)

2.意義

 1962年の外交関係樹立以降,我が国とウガンダ共和国との二国間関係は着実に拡大し,経済協力,人的交流等様々な分野で良好な関係を構築してきている。このような中,秋篠宮同妃両殿下のウガンダ共和国御訪問は,我が国皇室による同国への初の御訪問でもあり,ムセベニ大統領夫妻から国賓待遇で迎えられた。また,ウガンダ国民も尊敬と親愛の情を持って受け止められ,いずれの御訪問先においても,熱烈な歓待を受けられた。日ウガンダ外交関係樹立50周年という記念すべき年に行われた御訪問は,両国の友好・親善関係を再確認し,一層増進することとなった。

(写真)
(秋篠宮同妃両殿下のあしながウガンダ御視察)
このページのトップへ戻る
目次へ戻る