中東

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

第2回 日・トルコ領事当局間協議

平成19年9月18日

  1. 日・トルコ両国の間で、9月18日(火曜日)、アンカラにて第2回日・トルコ領事当局間協議を開催した。同協議には、日本側から山崎純領事局参事官ほか外務省の担当者が、トルコ側からハサン・ケマル・グール外務省領事局長をはじめとする関係省庁の担当者がそれぞれ参加した。
  2. 今次協議の概要は以下のとおり。

    (1)出入国管理

     来日トルコ人による不法滞在問題、来日トルコ人犯罪について、日本側より現状を説明し、特に、犯罪グループの取り締まり強化に向けた両国当局の協力の強化を申し入れた。これに対し、トルコ側より同国内の犯罪グループの取り締まり等を強化する旨答えた。双方は、両国当局間で情報を共有し、協力して対処していくこと等を確認した。

    (2)旅券管理

     トルコ側より新型旅券の概要及び導入準備状況について説明があり、日本側からもIC旅券導入の利点、運用状況について説明を行った。

    (3)在留自国民保護

     日本側より、近年トルコを訪れる日本人旅行者が増大していることに鑑み、邦人の安全対策について今後とも情報提供などで協力を得ていきたい旨申し入れた。トルコ側はこれに同意するとともに、これまでの取組及びトルコの治安状況などについて説明した。また、日本側より、トルコ国内で行方不明になっている邦人の捜索について引き続き協力を求め、トルコ側は更なる努力を払う旨述べた。

     さらに日本側より、トルコにおいて活動する日本企業駐在員に対する労働許可の早期発給について協力を求め、トルコ側は両国の経済関係発展のためにも、今後注意を払う旨述べた。

    (4)司法共助

     両国間の既存の枠組みによる司法・刑事面での円滑な協力を推進するため、意見交換を行った。

  3. 次回会合は、明年、東京において開催することとし、具体的日程等については、今後外交ルートを通じて調整していくこととなった。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る