外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 各国・地域情勢 中東
中東
世界地図
アジア 北米 中南米 欧州(NIS諸国を含む) 大洋州 中東 アフリカ
トルコ北西部地震の概要と我が国の支援

I.地震の概要

1.8月17日の地震(マルマラ地震)

(1)日 時:8月17日午前3時2分(日本時間17日午前9時2分)

(2)震 源:イズミット市(トルコ北西部、イスタンブルから東へ約110キロ、人口約50万人の工業都市)

(3)規 模:M7.4

(4)被害状況等

2.11月12日の地震(デュズジェ地震)

(1)発生日時:11月12日18時57分(日本時間13日午前1時57分)

(2)震源地:デュズジェ市(トルコ北西部、イスタンブルから東へ約170キロ)

 デュズジェ市は、12月にボル県より分離し、デュズジェ県の県庁所在地となった。

(3)規 模:M7.2

(4)被害状況等

II.日本政府の支援

1.8月17日の地震(イズミット地震)

(1)国際緊急援助隊

(イ)人命救助

  • 第1陣20名、第2陣17名(消防庁25名(神戸市消防局4名と尼崎市消防局2名の阪神大震災の救援活動経験者計6名を含む)、海上保安庁3名他)が8月18日より22日までヤロヴァ市で救助活動を実施。生存者1名(74歳女性)を救出。

(ロ)医療

  • 第1陣として緊急医療専門医師3名を含む16名(8月18日より28日までヤロヴァ市及びアダパザル市で診療活動)を、また、第2陣として小児科、内科の専門医師を中心に15名を派遣(8月27日から9月9日まで)。
(ハ)ライフライン復旧支援

  • 阪神・淡路大震災時のライフラインの復旧経験者(神戸市と兵庫県から11名、JICA3名を含む計20名)をアドヴァイザーとして8月27日より9月7日まで派遣。

(ニ)耐震対策

  • 被災後の住宅、道路、橋梁等の安全状況を緊急に調査する耐震調査専門家チーム8名(建設省3名、国土庁1名、JICA2名、外務省1名他)を派遣(8月22日~28日)。
  • 国際緊急援助隊耐震診断専門家チームの報告を受けて、9月5日より19日まで、建築物危険度診断専門家チーム7名(建設省4名、東京大学1名、兵庫県、大阪 府各1名)を派遣。
(ホ)仮設住宅建設指導(下記(4)参照)

  • 国際緊急援助隊仮設住宅建設指導専門家チーム(プレハブメーカー社員、兵庫県職員等)を派遣(10月12日~11月8日)。
  • アダパザル県アドリエ村の仮設住宅建設サイトにて、トルコ人技術者に対し、我が国より無償提供した仮設住宅の建設指導を行い、建設技術を移転(建設指導は自衛隊艦船による仮設住宅500戸が到着した翌日の10月20日より開始)。

(2)緊急円借款供与(合計236億円:約2億ドル)

 震災復興のために緊急に必要な物資の輸入(輸送費等の役務費用を含む)に充てるための商品借款供与。

(3)緊急物資・無償援助(合計440万ドル:約5億2800万円)

(イ)緊急物資と緊急無償援助で総額約100万ドルの支援表明(8月18日)

  • 緊急物資4800万円相当(テント、毛布、発電機、スリーピングマット、プラスチックシート、簡易水槽)
  • 緊急無償援助60万ドル

(ロ)緊急物資と緊急無償援助併せて総額約200万ドルの追加支援表明(8月27日)

  • 緊急物資約100万ドル相当(発電機、大工道具、毛布、簡易水槽等を9月4日本邦発カーゴチャーター便にて輸送)
  • 緊急無償援助100万ドル

(ハ)仮設住宅の輸送費充当のため緊急無償援助140万ドルの追加支援表明(9月21日)

(4)仮設住宅供与(合計1,900戸) ※11月の地震被災地への供与分も含む

トルコ政府の要請に基づき、兵庫県より阪神大震災の被災者が使用していた仮設住宅計約1900戸の無償提供を受けてトルコ政府に提供した。
 建設地は、8月の地震の被災地アダパザルと11月の地震の被災地デュズジェの2カ所に分かれている。

(5)NGO支援(約2,150万円)

 被災地にて暖房器具設置等越冬支援事業を実施する我が国のNGO「シャンティ国際ボランティア協会」に対して約2,150万の援助を決定(10月26日閣議発言)。
 同NGOは、アダパザル県内の仮設住宅(但し、「日本村」ではない)サイトにおいてセントラル・ヒーティングシステムの建設、下水配管工事等を実施。

2.11月12日の地震(デュズジェ地震)

(1)国際緊急援助隊

 13日夜、現地の被害状況調査とわが国に求められる現場でのニーズの把握等のため、先遣隊(外務省1名、JICA2名)を派遣。
 15日、国際緊急援助隊・医療チーム(19名)を医薬品・医療資機材とともに、約2週間にわたり派遣(派遣期間:11月16日~28日)。

(2)緊急物資・無償援助

 総額2,477万円相当(約25万ドル)の緊急物資援助(毛布、スリーピング・マット)及び50万ドルの緊急無償援助(プレハブ病院建設に充当、於:ボル)を実施。



目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省