アフリカ

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

第四回TICAD閣僚級フォローアップ会合出席時における二国間会談

平成24年5月7日

  • (写真)アル=アジャブ・スーダン外務担当国務大臣との会談
    アル=アジャブ・スーダン外務担当国務大臣
    との会談
  • (写真)バコ外務・アフリカ統合・仏語圏・在外ベナン人大臣との会談
    バコ外務・アフリカ統合・仏語圏・在外ベナン人大臣
    との会談
  • (写真)シセ・セネガル外務・在外セネガル人大臣との会談
    シセ・セネガル外務・在外セネガル人大臣
    との会談
  • (写真)ムンベンゲグウィ・ジンバブエ外務大臣との会談
    ムンベンゲグウィ・ジンバブエ外務大臣
    との会談
  • (写真)メンベ・タンザニア外務・国際協力大臣との会談
    メンベ・タンザニア外務・国際協力大臣
    との会談
  • (写真)ワコソン・南スーダン国際協力副大臣との会談
    ワコソン・南スーダン国際協力副大臣
    との会談

 5月5日,6日,TICAD閣僚級フォローアップ会合出席のためマラケシュ(モロッコ)を訪問中の玄葉大臣は,スーダン,ベナン,セネガル,ジンバブエ,タンザニアの外務大臣及び南スーダンの国際協力副大臣と会談を行いました。
 いずれの会談においても,玄葉大臣より,来年6月1日から3日,横浜にて開催予定の第5回アフリカ開発会議(TICAD V)への首脳レベルの参加を呼びかけるとともに,国連安全保障理事会改革等の国際場裡における協力に係る働きかけを行いました。

1.アル=アジャブ・スーダン外務担当国務大臣

 玄葉大臣より,南北スーダンの平和的共存の死活的重要性を強調し,南北スーダン双方に自制を求める旨述べるとともに,安保理決議の受諾を評価し,右決議に基づいた交渉の早期開始,諸課題の平和裏かつ交渉による解決を求めました。これに対し,アル=アジャブ大臣は,平和は,投資・経済成長にとって必須条件であり,相互依存関係にある南北スーダンの平和の達成が必要であるとの考えを示し,包括的な和平プロセスにより,持続可能な平和を達成したいとの希望を示しました。

2.バコ外務・アフリカ統合・仏語圏・在外ベナン人大臣

 玄葉大臣より,ヤイ・ベナン大統領の2012年のアフリカ連合(AU)議長選出に祝意を表明するとともに,新たにTICAD共催者となったAU及びAU議長国であるベナンとの協力を申し入れました。先方からは,2012年のAUの課題や西アフリカ情勢について説明があるとともに,TICAD Vに向けての協力と支持の表明がありました。

3.シセ・セネガル外務・在外セネガル人大臣

 玄葉大臣より,セネガルが先の大統領選挙にて平和裡に民主的政権交代を果たしたことを評価する旨伝達するとともに,西アフリカ地域における平和と安定のためにセネガルが積極的な役割を果たすことを期待する旨述べました。先方よりは,サル新政権に対する祝意に謝意を表すとともに,西アフリカにおける平和と安定に向けたサル新政権の取り組みを紹介するとともに,二国間関係の更なる強化に向けての期待が示されました。

4.ムンベンゲグウィ・ジンバブエ外務大臣

 玄葉大臣より,ジンバブエの政治・経済情勢の進展を踏まえ,二国間関係を活性化させたい旨伝達しました。これに対し,先方は日本の提案に賛同するとともに,日本企業のジンバブエへの投資促進に期待を表明しました。また,両者はTICAD Vの成功に向け,引き続き協力していくことで一致しました。

5.メンベ・タンザニア外務・国際協力大臣

 玄葉大臣より,タンザニアにおけるビジネスチャンスは拡大しており,日本企業の投 資促進を進めるとともに,東アフリカ地域の経済成長を図る上での広域インフラの重要性を指摘しつつ,本年3月に国際幹線道路開発案件の審査ミッションを派遣する等,タンザニアの開発戦略の実現に貢献していきたい旨述べました。先方からは,特に南部タンザニア地域におけるインフラ整備をはじめとする我が国の支援に対する謝意が表明されるとともに,タンザニアとして国際場裡での我が国への支援を惜しまない旨の反応がありました。

6.ワコソン・南スーダン国際協力副大臣

 玄葉大臣より、南北スーダンの平和的共存の死活的重要性を強調し、南北スーダン双方に自制を求める旨述べるとともに、安保理決議の受諾を評価し、右決議に基づいた交渉の早期開始、諸課題の平和裏かつ交渉による解決を求めました。これに対し、ワクソン大臣は、南北スーダンの平和裏の共存が大切だとの玄葉大臣の主張に同意するとともに、南スーダンは、平和を望み、一生懸命にはたらきかけてきた旨強調しました。また、玄葉大臣の質問に答えて、地方では部族間衝突が発生しているものの、首都ジュバの治安は良好である旨の反応がありました。

このページのトップへ戻る
第四回TICAD閣僚級フォローアップ会合 |  TICADフォローアップ関連会合 | 目次へ戻る