外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 各国・地域情勢 アジア
アジア
世界地図
アジア 北米 中南米 欧州(NIS諸国を含む) 大洋州 中東 アフリカ


日本・シンガポール新時代経済連携協定
Q&A


問11: その他の分野では、どのような合意がなされたのですか?
(5)自然人の移動

(答)

 日本とシンガポール間のビジネスマンの移動を容易にすることで人的交流を促進し、両国間の経済活動を活発にすることは両国間の経済の活性化にとり有益です。このような観点から、日本・シンガポール新時代経済連携協定では、商用目的の人々の入国及び一時的滞在を双方で容易なものにすること、及び資格等の職業上の技能を相互に認めることについて合意しました。
 入国及び一時的滞在については、両国は、相手国の(i)短期の商用訪問者(出張者等)、(ii)企業内転勤者、(iii)投資家、(iv)自国の公私の機関との個人的な契約に基づいて業務に従事する自然人(高度な工学的知識を有し、技術者として雇用される者)のいずれかに該当する人について、在留期間、資格要件等一定の条件及び制限の下で、自国の領域への入国及び領域内における一時的な滞在を認めることとしました。
 職業上の技能に関する相互承認については、承認を行うことについては合意しましたが、具体的にどのような技能を承認するかについては、この協定に基づいて設置される「職業上の技能に関する相互承認に関する合同委員会」において検討が進められることになりました。


目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省