欧州(NIS諸国を含む)

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

平成22年度日本センターの活動実績
(巡回講座/訪日研修及びOJT研修)

平成24年8月

1.巡回講座/訪日研修

(1)「中小企業経営(極東部)」

巡回講座:(3センター計:106名)
日付 場所
6月21日~6月25日 ハバロフスク
6月28日~7月2日 ウラジオストク
7月5日~7月9日 ユジノサハリンスク

訪日研修:(3センター計:20名)
9月29日~10月8日

(2)「人事労務管理(極東部)」

巡回講座:(3センター計:79名)
日付 場所
7月12日~7月16日 ハバロフスク
7月19日~7月23日 マガダン
7月26日~7月30日 ユジノサハリンスク

訪日研修:(3センター計:20名)
10月20日~10月29日

(3)「環境ビジネス(欧露部)」

巡回講座:(3センター計:106名)
日付 場所
8月30日~9月3日 モスクワ
9月6日~9月10日 サンクトペテルブルク
9月13日~9月17日 ニジニー・ノヴゴロド

訪日研修:(3センター計:20名)
11月30日~12月10日

(4)「企業財務~金融危機下におけるリスクマネジメント~(極東部)」

巡回講座:(3センター計:95名)
日付 場所
9月13日~9月17日 ハバロフスク
9月20日~9月24日 ナホトカ
9月27日~10月1日 ユジノサハリンスク

訪日研修:(3センター計:20名)
12月8日~12月17日

(5)「品質管理(欧露部)」

巡回講座:(3センター計:130名)
日付 場所
9月27日~10月1日 ボロネジ
10月4日~10月8日 サンクトペテルブルク
10月11日~10月15日 カザン

訪日研修:(3センター計:20名)
平成22年2月15日~2月25日

(6)「環境ビジネス(極東部)」

巡回講座:(3センター計:76名)
日付 場所
11月8日~11月12日 ハバロフスク
11月15日~11月19日 ウラジオストク
11月22日~11月26日 ユジノサハリンスク

訪日研修:(3センター計:20名)
平成22年2月23日~3月4日

2.OJT研修

(1)「保健・医療分野(欧露部)」

本邦での研修:(3センター計:20名)
7月6日~7月16日

(2)「観光ビジネス(極東部)」

本邦での研修:(3センター計:20名)
7月21日~7月30日

(3))「住宅・建設産業(欧露部)」

本邦での研修:(3センター計:20名)
10月26日~11月5日

(4)「保健・医療分野(極東部)」

本邦での研修:(3センター計:20名)
11月7日~11月26日

3.現地企画講座

(1)MGU日本センター:480名

「生活インフラ近代化への技術提言」,「品質経営」,「経済のグローバル化と求められる人材」,「経営者養成計画フォローアップセミナー(地方企業のグローバル市場におけるコラボレーションの可能性,日露地域間交流の発展の方向と課題・解決)」,「教育とイノベーション」,「環境とエネルギー効率最大化への技術提言」,「イノベーションにおける国家の役割」

(2)サンクトペテルブルク日本センター:120名

「ホテル経営とホスピタリティ」,「環境問題と省エネ」

(3)ニジニー・ノヴゴロド日本センター:357名

「日露農業・食品産業分野での協力可能性について」,「日露経済・文化交流の歴史と将来の展望」,「生産性向上と品質管理」,「都市と交通」,「日本の施設園芸と農業技術」,「日本の寒冷地仕様木造住宅建設技術」,「日本の省エネルギー技術と排出権取引」

(4)ハバロフスク日本センター:845名

「環境問題-植林活動分野に於ける日露の協力について」,「寒冷地のビジネス資源開発」,「先端医療分野に於ける日露協力」,「日本の金融事情」,「マーチャンダイジング」,「観光サービス分野における日露協力」,「農産品加工について」

(5)ウラジオストク日本センター:386名

「ゴミと環境」,「日本の金融事情」,「マーケティング戦略とその経費分析」,「管理会計と予算管理」,「日露ビジネスにおけるマスコミにおけるウラジオストクのイメージ位置づけ」,「財務管理」「マーチャンダイジング」「企業PRとマスコミ」「貿易実務」.「日本の経験“カイゼン”から考察するロシアのロジスティックス」,「貿易におけるロジスティックスの重要性」,「顧客指向サービス」

(6)サハリン日本センター:33名

「ゴミ処理と環境」,「税務・会計」

4.ビジネス日本語講座

(1)MGU日本センター:173名
(2)サンクトペテルブルク日本センター:138名
(3)ニジニー・ノヴゴロド日本センター:79名
(4)ハバロフスク日本センター:160名
(5)ウラジオストク日本センター:146名
(6)サハリン日本センター:63名

(6センター総計:759名(2011年3月在籍者数))

このページのトップへ戻る
日本センター事業 | 目次へ戻る