欧州(NIS諸国を含む)

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

最近のポーランド情勢と日本・ポーランド関係

平成22年8月

1. 最近のポーランド情勢

(1)政治情勢

表:2007年10月21日の下院選挙結果(460議席)
政党名 獲得議席(選挙前議席) 得票率
市民プラットフォーム 209(131) 41.51%
法と正義 166(150) 32.11%
左派民主主義者 53(55) 13.15%
農民党 31(27) 8.91%
ドイツ少数民族党 1(2) -
表:2010年大統領選挙結果
候補者(所属政党) 第1回投票得票率 第2回投票得票率
ブロニスワフ・コモロフスキ(「市民プラットフォーム」) 41.54% 53.01%
ヤロスワフ・カチンスキ(「法と正義」) 36.46% 46.99%
グジェゴシュ・ナピエラルスキ(民主左翼連合) 13.68% ・・・・・

(2)経済情勢

2. 日・ポーランド関係

(1)政治関係

 両国関係は伝統的に良好。2007年5月に麻生外務大臣のポーランド訪問や、2008年10月のシコルスキ外務大臣の訪日、同年12月のカチンスキ大統領の訪日及び2010年3月のボルセヴィチ上院議長の訪日など要人往来も活発に行われている。

(2)経済関係

(イ)貿易

表:日本の対ポーランド貿易
対ポーランド輸出 対ポーランド輸入 収支
2005年 1,101億円 251億円 950億円
2006年 1,229億円 305億円 924億円
2007年 1,934億円 446億円 1,448億円
2008年 2,053億円 496億円 1,557億円
2009年 1,296億円 347億円 949億円
(出典:財務省貿易統計)

(ロ)投資

(3)文化・人的交流

このページのトップへ戻る
目次へ戻る